敦煌莫高窟(中国)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

今回は、世界で現存する規模が最も大きく、保存が最もよい仏教芸術の宝庫の中国・「莫高窟(ばっこうくつ)」をご紹介♪

中国の太陽はてんびん座、月はみずがめ座に位置しています。あなたと中国の相性があうかは文末をごらんください

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がてんびん座なら、リレーションシップの星座であるてんびん座はエネルギーを人々-パートナー・友達・家族・ビジネス仲間などあらゆる人に注ぎます。人と一緒というのがテーマですがリレーションシップにおいての自分自身に興味があるのです。

またあなたの月がみずがめ座なら、理性があり、イマジネ-ティブ。この月の人は激しい気質のところがありません。すごく感情的でもなくすごく頭でっかちな考え方でもない。とても活気に満ちておりステキな会話もでき楽しい人。

―――――

「莫高窟(ばっこうくつ)」

中国莫高窟2

中国西北部甘粛省敦煌市郊外に、「鳴沙山」という山があり、東麓の絶壁の上に、南北全長約2キロの山腹に五段階に分けて数え切れない石窟が掘られました。これが世界で有名な”敦煌莫高窟”です。

莫高窟の開削は、前秦の建元二年(366年)から始まり、歴代の王朝の修造を経て洞窟の数は絶えず増え、七世紀唐の時代に、莫高窟には1000個の洞窟があったそうです。

洞窟には、大量の彩色塑像と壁画があります。

また、敦煌莫高窟は、古代シルクロードの交通の要所に位置したことから、東西の宗教、文化および知識を融合しあう接点でもあったため、外来の様々な文化芸術と中国の各民族の芸術が融合された莫高窟は、豊富多彩な芸術風格を持ったのです。

1900年、敦煌莫高窟では、大量の経文を保存した洞窟が偶然に発見され、「蔵経洞」と呼ばれました。

長さと幅がそれぞれ3メートルであるこの「蔵経洞」には、漢語、チベット語などの文字で書かれた経典、古文書の巻物類、絹や紙、麻布に書かれた仏画類、拓本などまれに見る文化財などが5万件に上りました。

年代は、紀元4世紀から11世紀にかけ、その題材は中国、中央アジア、南アジア、欧州などの地域の歴史、地理、政治、民族、軍事、言語文字、文学技術、宗教、医学、科学技術などすべての分野に及び、「中古時代の百科全書」と称されたのです。

すごいですよねぇ~ 

蔵経洞発見後、世界各国の「探検家」が群がってやってきて、20年も経たないうちに、これらの「探検家」は前後として4万件に及ぶ経書や珍しい壁画、塑像などを盗んだり運び出したりしたそうです。

各国の人々がそれぞれの国へ持ち帰ったために敦煌文献は各国に散らばっています。

スタインが持ち帰った文献は大英図書館に、ペリオのものはフランス国立図書館に、清政府のものは北京図書館に収蔵されました。

日本の大谷探検隊のものは、龍谷大学・東京国立博物館・中国の旅順博物館に分蔵されているそうです。

ロシアではサンクトペテルブルクの科学アカデミー東洋学研究所、他にはフランスのギメ美術館、ロシアのエルミタージュ美術館、アメリカのハーヴァード大学付属フォッグ美術館などにも存在しているとのこと。

このような状態であったので当初は各研究機関がバラバラに研究を進めていましたが、マイクロフィルムにより貸し出しが可能となり、国際的な研究が進むようになり、各国の代表たちが集まって行われる国際シンポジウムも多数開かれており、その学問としての多彩さは「敦煌学」と言う言葉すら生み出しているのです。

莫高窟から発見された敦煌文献ですが、さすがに三千年・四千年の歴史と言われる中国ですよね。

1000年に渡って掘り続けられたと言われる莫高窟は、古代シルクロードがいかに発展していたかを物語り、また洞窟と中にあった文献などすべてがすばらしいですよね。

★ここ中国は西洋占星術の上でのホロスコープを見ると、太陽はてんびん座・月はみずがめ座となっています★

★★あなたとこの土地の相性の見方は続きをご覧ください
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

上記中国の太陽または月の星座とあなたの星座の相性があうか確認してみてください:

あなたの太陽・月のサインと相性のあう国・都市のサイン

おひつじ座-おひつじ座・ふたご座・しし座・てんびん座・いて座・みずがめ座

おうし座-おうし座・かに座・おとめ座・さそりざ・やぎ座・うお座

ふたご座-おひつじ座・ふたご座・しし座・てんびん座・いて座・みずがめ座

かに座-おうし座・かに座・おとめ座・さそりざ・やぎ座・うお座

しし座-おひつじ座・ふたご座・しし座・てんびん座・いて座・みずがめ座

おとめ座-おうし座・かに座・おとめ座・さそりざ・やぎ座・うお座

てんびん座-おひつじ座・ふたご座・しし座・てんびん座・いて座・みずがめ座

さそり座-おうし座・かに座・おとめ座・さそりざ・やぎ座・うお座

いて座-おひつじ座・ふたご座・しし座・てんびん座・いて座・みずがめ座

やぎ座-おうし座・かに座・おとめ座・さそりざ・やぎ座・うお座

みずがめ座-おひつじ座・ふたご座・しし座・てんびん座・いて座・みずがめ座

うお座-おうし座・かに座・おとめ座・さそりざ・やぎ座・うお座
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「敦煌莫高窟(中国)」への12件のフィードバック

  1. 中国は北京(万里の長城)と香港しか行ってないんですよねぇ。
    莫高窟(ばっこうくつ)、興味津々です。世界の図書館に納められた敦煌文献も凄い。私では読めないと思いますが、悠久の歴史を感じます!

    いいね

  2. イヴォンヌさん

    新年おめでとうござんす ♪

    大昔 井上靖の 敦煌 を映画化されたのを観たことがありますが
    中川安奈といふ若い女優さんに注目したことがありました

    最近 なにかのTV作品で  すっかり おばさまになったのを悲しく観ました
    尤も こちらも オジサン に成りはてていますが ^^;

    ポチ

    いいね

  3. こんばんは。

    ほんとすごいですよねー!
    いつか行ってみたいけど、きっと行くことはないんでしょうね(^_^;)
    本場の中華料理を勉強したいな。

    応援☆

    いいね

  4. こんばんは。

    さすがは中国。年代の数字が違いますね。日本というか、関東のお寺とかだとやはり、4桁の年代に突入してからの頃ですから、深みがすごいですね、中国は。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中