「月はやぎ座」そして「本当に叶えたい時の願い方」

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

今日は本当に叶えたい時の願い方をご紹介:

まずは、月の星座をカレンダーで見ると、1月15日04:42から月はやぎ座に位置していきます。

月がやぎ座に入っているときは、物質的で実利的なものに意欲がわき、また、責任感が強くなるときです。

仕事や義務に目覚め、金銭的な安定や地位を求めて勤勉になります。野心的になれるときでもあります。

他人に厳しすぎること、計算高くなることなどに気をつけましょう。

ちなみに太陽がやぎ座の人は、この時期(1/15~1/17)はパーソナル・パワー・デ-となり、周囲からの影響をより受けやすくなり良い変化を受け取れる時です。ポジティブに物事をとらえれば、運気アップにつながります。

やぎ座の人は、努力して上を目指し、屈せずにやりとおします。しかしながら、几帳面で一般的に他人の言うことを信用しない傾向があります。

=======

negai ga kanau

さて、願いを本当に叶えたい時、皆さんはどうお願いしていますか?

「お金持ちになりたい」

「成功させてください」

「良いをパートナーとの出会いが欲しい」

と願っていませんか?

実はこれは完全に間違った願い方なのです。

「~が欲しい」というのは、「~を持っていない」ということなのです。これを繰り返しているうちに、私たちは欠けているものをどんどん増やしていってしまうというわけです。

「~したい」ではなく

「~である」と願いましょう。

「裕福になりたい」ではなく、「裕福です」・「私のお金はすでにあって、私のところへくる最良の道を見つけているところです」

というふうに願うべきなのです。

パートナーが欲しいではなく、「愛を受け入れる準備はできています」と、心の扉を開いてみましょう。

私たちがあたかも金持ちのように、あるいは理想のパートナーがいるように振る舞えば振る舞うほど、願いは早く叶います。

すでに叶ったように振る舞うことによって、私たちが「来るもの」に対して、ポジティブに取り組み、わくわくしながら受け入れる準備をするからです。

疑うことをやめて、強く信じ、願っている状態がいかにすばらしいものかを、ただ感じてみましょう。

「願いが叶ったらこうなるんだ」という感覚をすでに味わっているわけですから、そこから生まれる喜びの気持ちとみなぎる活力で、理性に口出しさせないようにするのです。

こうすることによって、感情は理性の反論に打ち勝つぐらい強いものとなっていきます。

私たちは望むものはすでに持っています。なぜなら、生まれつきそれを手に入れる権利があるからです。

願いの叶った感覚を味わって、わくわくしながら、ひとつひとつの出来事や出会いを、願いに近づくための一歩として受け入れていきましょう。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「月はやぎ座」そして「本当に叶えたい時の願い方」」への13件のフィードバック

  1. こんばんは。

    あのニャンコは近所の猫です。
    たぶんミーさんの実家の子で、飼われてるというか餌だけもらってるというか?
    うちの子にしたいくらい可愛いです♪

    スマホから応援☆

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中