「月はふたご座」そして「不快・不安な気持ちを手放す方法」

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

今日は不快・不安な気持ちを上手に手放し、自分を解放する方法をご紹介

まずは、本日1月27日02:39から、月はふたご座に入ります。

月がふたご座に入っている時は、社交性・陽気さが増し、勘の良さもさえ、あらゆる知識や情報に対して興味が湧く時です。

双子座は学問・知識・研究などを好みますが、興味の散漫さや気まぐれな態度が明確な結果を出しずらくしてしまうので気をつけましょう。

ちなみに太陽がふたご座の人は、この時期(1/27~1/28)はパーソナル・パワー・デ-となり、周囲からの影響をより受けやすくなり良い変化を受け取れる時です。ポジティブに物事をとらえれば、運気アップにつながります。

ふたご座の人は順応性があり、話好き・コミュニケーションがうまい(ふたご座は水星が支配星)。二重性が一番の特性。これはなんにでもいえ、仕事・趣味・キャリア・恋人などすべてにひとつ以上欲しがります。

=========

meditation

あなたには手放したいと思っているものはありませんか?

別れたけれど忘れられない人・・・仕事のミスをいまだにひきずっている・・・うまくいかないかもしれないと不安がよぎる今の状態・・などなど不快・不安な思いを感じない人はいないかも。

またあまりに思いが強すぎると願いも叶わないといいます。

手放したいと願いつつ、にぎりしめているものをはなすためのコツは・・ものを手放すときの感覚を思い出すこと。

今日は「肉体的感覚」と「心理的感覚」を確かめ、しっかり把握するエクササイズをご紹介♪

1. 心をしずめて息を吸っては吐いて、自分の呼吸を感じながら、一分間ほど精神統一します。

2. 「肩の力も余計な思いも全部一緒に開放できますように」など、今回のあなたのテーマをはっきり念じましょう。

3. 更ににひと呼吸かふた呼吸したら、片手をにぎりしめてください。

4. もっとギュッと握って。そうしたら、ぱっとはなします。これを何度か繰り返して。力の入り具合とはなした時の感触をよく確かめましょう。

5. 爽快感や脱力感が腕だけでなく、身体全体、それからあなたの内面世界にも広がっていきますか?感じてください。

6. この感覚をつかんだら、自分の内にあるにがい思いや感情を手放すことにチャレンジしましょう。

余計な思いや気持ちを握りしめているために生まれる肉体的な力みや緊張、コリを実感して、それらと一緒に思いや気持ちを手放すというこのすばらしい技をぜひ習得してみてください。

きっと気分も楽になり、幸せの階段をまた一歩上がったこととなるでしょう。是非お試しを♪
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

9 thoughts on “「月はふたご座」そして「不快・不安な気持ちを手放す方法」”

  1. このエクササイズは、つい最近、YouTubeで見た、脳を活性化させる方法と良く似ています。瞑想に近いのかな。筋肉を緊張させて、ぱっとほぐす、というの、実行しています♪

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中