「金色に輝く寺院」と「8曜日の神様」(ミャンマー)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

今回は金色に輝く寺院シュエタゴン・パゴダと8曜日の神様(ミャンマー)をご紹介

ミャンマーの太陽はやぎ座、月はてんびん座に位置しています。あなたとこの土地の相性があうかはここをクリック

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がやぎ座なら、自分の言ったことにこだわり、ベストをつくしてやりこなしますが、細かいところまで気にしすぎます。土星の影響下にあるので自分に厳しく、自分だけが頼りと感じるところがあります。

またあなたの月がてんびん座ならてんびん座はパートナーシップのサインでもあるので影響力のある人とのコネクションによって運命が決まるということもあります。広い意味合いからいうと他人によって何かを成し遂げるとも言えるのです。

==========

ミャンマーの旧首都ヤンゴンの中心部に、シュエタゴン・パゴタはあります。「シュエ」は「金」、「タゴン」はヤンゴンの古い名前、「パゴタ」は「寺院」を意味します。

2500年以上昔、商人の兄弟がインドで仏陀からもらい受けた8本の聖髪を奉納した事が、シュエタゴン・パゴダの起源といわれます。

金色に輝く寺院は、高さ約100mもあり、頂上先端部にある風見鶏には76カラットのダイヤモンドが、そして、周辺には金のプレート8688枚、ダイヤモンド5451個、ルビー1383個がちりばめられています。

これらの装飾は信仰心による寄進によって集まったものです。

ミャンマーでは寺院は裸足で参拝するのが習わしです。シュエタゴン・パゴダには、生まれ曜日で自分の神様が決まる「8曜日の神様」も信仰されています。

ミャンマー 8曜日

「8曜日」とはミャンマーの伝統暦(ビルマ暦)となっており、水曜日だけ午前と午後に分けれれているため合計で8つになっているのです。

各曜日にはそれぞれ守護動物・方角・星が存在し、生まれた曜日によってそれがきまっています:

生まれた曜日はここをクリックしてチェックしてみてください

参拝の前には、ぜひ自分の生まれ曜日を確認して行きましょう。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

11 thoughts on “「金色に輝く寺院」と「8曜日の神様」(ミャンマー)”

  1. 懐かしいなぁ。ミャンマーは人が優しくて良いんですよね。シュエタゴンパゴダの床は裸足で歩きましたがすごくひんやりしておりました。

    ビザも空港で取れるようになったし、中国のバス会社宇通が進出して日本の中古バスを駆逐し始めたから今年の夏はミャンマー行きますか?

    いいね

  2. こんばんは。

    すごーい!
    金ピカですね。
    ミャンマーは昔から興味があります。
    なかなか行けないけど。

    予報通り雪降りましたね。
    うっすら積もってます。

    応援☆

    いいね

  3. 「金色に輝く寺院は、高さ約100mもあり、頂上先端部にある風見鶏には76カラットのダイヤモンドが、そして、周辺には金のプレート8688枚、ダイヤモンド5451個、ルビー1383個がちりばめられています。」って凄い。いかに信仰心の厚い国民か、これだけでも判るわ。。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中