英・仏にまたがりレイラインで結ばれた聖地

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

前回は”レイライン”(パワースポットが地図上の広い範囲で一直線上に並ぶところ)についてご紹介しましたが、そのレイラインが英・仏にまたがり結ばれた二つの聖地をご紹介。

イギリスの太陽はやぎ座、月はかに座に位置しています。フランスの太陽はてんびん座、月はかに座に位置しています。あなたとこれらの土地の相性があうかはここをクリック

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がやぎ座なら自分の欲しいものの・明日のご褒美のために今日の誘惑を断ることができる。努力して上を目指し、屈せずにやりとおします。

あなたの太陽がてんびん座なら職業的にはすばらしいチームプレーヤーである。フレンドシップが幸運を招きパワフルな人と一緒にあなたの創造的な才能とインテリ減酢を持てば最高となります。

またあなたの月がかに座なら、月はルーラー(支配星)なのでベストクォリティーとなり、献身・忍耐・繊細さがあります。強いエモーションを持ち身の回りの世界を知識できづくというよりは感情を通してみていくが、自分のフィーリングをオープンにしないために時々他人はどうあなたが考えているのかがわからない。

==========

ひとつはフランスにある、大天使ミカエルに捧げられた、海に浮かぶ聖なる島”モン・サン=ミシェル(聖ミカエルの山)”。

モンサンミシェル-2

ノルマンディ地方にあるこの島は、もともとモン・トンプ(墓の山)と呼ばれてきました。干満の差が激しく、命を落とす巡礼者も多かったため、「モン・サン=ミシェルに行くなら、遺書を書いていけ」という言い伝えもあったそうです。

8世紀になると、大天使ミカエルから「この岩山に聖堂を建てよ」という託宣をうけた司教オベールによって礼拝堂が造られ、次第にカトリックの聖地になっていきました。

その後、島にはベネディクト会の修道院も建てられ、これが増改築を重ねて現在に至っています。

修道院の最上階の西のテラスからはすばらしい景色が堪能できます♪

もうひとつは、イギリスにある”セント・マイケルズ・マウント(聖ミカエルの山)”

セント・マイケルズ・マウント

古い時代、セント・マイケルズ・マウントは主要な貿易港としての顔を持ち、フェニキア、カルタゴからの船が出入りしていたそうです。

その後、一人の漁師の目の前に、大天使ミカエルが現れたという伝説がもとになり、その場所に修道院が建てられて以来、次第にキリスト教巡礼の中心的な場所となりました。

干潮時には陸続きになるため、島へは徒歩でも渡ることができます。

”聖ミカエルの山”という同じ意味を持つこの二つのスポットは共通点も多く、互いが”レイライン”で結ばれているという説もあります。

ふたつの異なる場所で同じような言い伝えがもととなり、互いが一直線上に結べますが、偶然の一致とみるのも不思議すぎる・・・やっぱり聖地には意味がありそうですね。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

12 thoughts on “英・仏にまたがりレイラインで結ばれた聖地”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中