「月はみずがめ座」そして「劣等感は強み」

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

本日は、「劣等感は強み」をご紹介:

まずは、月の星座をカレンダーで見ると、本日4月09日15:49から、月はみずがめ座に位置しています。

ご自分の星座別ベストなロケーションはこちらをご覧ください

月が水瓶座に入っている時は、知識欲が湧き、同じ趣味・志向を持った人との交流を必要としたくなります。

それとともに自由を求める気持ちと独立心が強くなり、自分の”物差し”を確立したくなります。そのための読書や勉強に励むのにもいい時でしょう。

でも活動は従属や規律を必要とする事が多くなり、特に仕事はうんざりさせられる事がますます増えてしまいそう。

ちなみに太陽がみずがめ座の人は、この時期(4/09~4/11)はパーソナル・パワー・デ-となり、周囲からの影響をより受けやすくなり良い変化を受け取れる時です。ポジティブに物事をとらえれば、運気アップにつながります。

みずがめ座の人は知識を吸収する意欲も高くオープンマインドで見方も広い。自分のアイデンティティーと自分のアイデアはしっかりとリンクしていて他人が自分の意見に反対すると自分自身を攻撃されているように思ってしまう。

=========

inferiority

劣等感のない人間はいないといいます。

同期入社のライバルが出世した、仲良しの同級生が一流校に合格した、友人がきれいになって新しい恋人をゲット・・・などなど。

「あぁそれに比べて自分は?」とため息をつきたくなる状況がいたるところにばらまかれています。この劣等感にとりつかれ、相手の優越を意識すればするほど、ねたみや焦りがわいてきて、ひどくうちのめされてしまいます。

でも劣等感はプラスにも転化できるのです。ライバルの仕事ぶりに対する焦りは「何くそ」という向上心を喚起します。

きれいになってハッピーになった友人をみて、自分ももっときれいに磨きをかけようという努力につながります。

劣等感は使い方によって、自分をレベルアップさせるきっかけにも、エネルギーにもなるのです。

マイナスにするかプラスに転化するか、両者を分けるカギは「劣っているように見える自分が、実は向上する可能性をひめている人間だ」と知るところにあります。

劣等感は弱みではなく、実は強み。プラスに転化させてワンランク上の自分を目指したいですね。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「月はみずがめ座」そして「劣等感は強み」」への13件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中