「ギザの大スフィンクス」(エジプト)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「ギザの大スフィンクス」(エジプト)をご紹介

エジプトの太陽はしし座、月はおひつじ座に位置しています。

”星座別幸運を呼ぶロケーション”はこちらをご覧ください。あなたとこれらの土地の相性があうかはここをクリック

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がしし座なら、自分のキングダム(個人が君臨する分野)」を持っています。それは大きくても小さくても家庭・恋人・仕事・キャリアなどそれぞれどんな分野であれ自分がそこの統治者なのです。

またあなたの月がおひつじ座なら、魅力と元気と他人を自分の思い通りにしていける技を与えています。知識豊富で話好きですが、興味の期間は短いようです。

==========

ギザの大スフィンクス

ギザの大スフィンクスは、第2ピラミッドを建造したカフラー王が作ったとされていました。スフィンクスの顔もカフラー王の顔で、ピラミッドを守っている存在とされてきたのです。

ネメスという頭巾をかぶったファラオ(王)の顔を持ち、体はライオンの形をしています。王者のシンボルでもある顎髭をたくわえ、神聖なものとされてきました。

スフィンクスは違う場所で作られたものを運んできたのではなく、元々そこにあった岩山を削って作られました。ピラミッドを作るために石を切り出した岩山を利用して作られたとするのが定説となっています。

岩山をそのままにしていくのは景観上あまりよくないということでスフィンクスを作ったのです。そう考えられてきました。しかし、調査が進むにつれて明らかになってきたことがあります。岩山の残骸からスフィンクスを作ったのではなく、最初から岩山をスフィンクスとして作り上げる計画だったのではないかという説です。

違う方向からの研究では、カフラー王がピラミッドの守護神として作ったとされているスフィンクスですが、ピラミッドが作られるより以前に、すでにスフィンクスは作られていたという研究結果が出ています。現在ではこの説が定説となっていますが、本当のことはまだ誰にもわかりません。

スフィンクスの元々の名前は「シェプスアンク」といいます。これがなまってスフィンクスになりました。「シェプス」は姿という意味を持ち、「アンク」は復活や再生の神様という意味です。スフィンクスは太陽神を表わしていたのです。

その後ピラミッドや神殿が作られ、それらを守る守護神となっていくのです。最初から守護神だったわけではないようです。

何千年もの間、スフィンクスにより、静かに見つめられ、そしてこれからも見守り続けられるであろうこの場所は、まさに聖地と呼ぶにふさわしい場所ですね。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「ギザの大スフィンクス」(エジプト)」への8件のフィードバック

  1. 懐かしい。

    意外にピラミッドの反対側は街が開けていて、ピラミッドビューのオープンテラスバーでビールを飲んだような気がします。あれ?夢だったかな?

    列車で行ったルクソールの
    印象の方が大きくて…
    もう一度家族で訪問したいですね。

    いいね

  2. こんばんは。

    始めからそこにあった岩を利用したのなら
    当時の運搬技術でも可能だったのでしょうね。
    壮大な景色の中では、大きさが把握できませんが
    近くで見たら、そうとうな大きさですよね。

    ☆。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中