「オベリスクで有名な”カルナック神殿”」(エジプト)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「オベリスクで有名な”カルナック神殿”」(エジプト)をご紹介

エジプトの太陽はしし座、月はおひつじ座に位置しています。

”星座別幸運を呼ぶロケーション”はこちらをご覧ください。あなたとこれらの土地の相性があうかはここをクリック

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がしし座なら、やさしく寛大で人に対しても意地悪なところがなく、もし傷ついてもすぐにお返しをし、またすぐに許し、恨みを抱えることはありません。

またあなたの月おひつじ座なら、骨をおって詳細まで調べると言うのではなく今何が起こっているかを見てすぐに飛び込んで行くタイプ。

==========

カルナック神殿

神の霊が源へ戻っていくための象徴オベリスクで有名な「カルナック神殿」

カルナック神殿は、エジプト帝国の首都としてテーベと呼ばれ、何世紀にも渡って栄華の中心にあったルクソールにあります。

カルナック神殿はアモン神(空気の神)をまつった神殿で、東西540m、南北600mの周壁で囲まれた壮大な神殿で、世界最大の神殿建造物といわれています。

この神殿から南に2.5のKm離れたところにルクソール神殿があるが、アメン神の妻ムート神をまつったルクソール神殿があります。

カルナック神殿ー3

ハトシェプト女王は、万物の創造主アメン神を祀るカルナック神殿内に4本のオベリスクを建てました。これらがどのような目的で建てられたのかは謎ですが、尖った先端には、宇宙のエネルギーを集めるパワーがあるといわれており、神の霊が源へ戻っていくための象徴として建てられたという説があります。

大きさの異なる2本のオベリスクが地上に落とす影をもとに、天文学者や聖職者が”地球の気が高まる時期”を決定していたという話もあります。

トトメスⅢ世の祝祭殿には、キリスト教徒(コプト教徒)が侵入してきたとき教会として使われていたので、角柱の上のしっくいに聖母マリアと「最後の晩餐」の絵が見られ、世界でもっとも古い「最後の晩餐」の絵だそうです。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「オベリスクで有名な”カルナック神殿”」(エジプト)」への7件のフィードバック

  1. 行きました。カタール航空の乗り継ぎが大変でしたけど、カルナック神殿もルクソール神殿も王家の谷もハトシュプスト葬祭殿も見て来ました。カラカラの気候なのにナイル河が流れているから水が豊富。土地も肥沃で古代文明が発展したのだな、と実感しました。またエジプト意外に食事が美味しかったです。鉄ちゃんだからルクソールからカイロまで寝台列車で移動しました。これもたのしかったです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中