「歴史地区と呼ばれる世界遺産のあるイスタンブール」(トルコ)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「歴史地区と呼ばれる世界遺産のあるイスタンブール」(トルコ)をご紹介

トルコ・イスタンブールの太陽はおうし座、月はしし座に位置しています。

”星座別幸運を呼ぶロケーション”はこちらをご覧ください。あなたとこれらの土地の相性があうかはここをクリック

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がおうし座なら、違ったアプローチは不安をおぼえる。今の状態がうまくいってるんだったらなんで新しい事にトライするの?という姿勢。支配星がヴィーナスなので愛と美を愛し、アートや音楽の才能もあります。

またあなたの月しし座なら、ユーモアのセンスもあり、面白い事がないとしても自分から作り出してみんなを楽しませる才能もある。グループの中のリーダー的存在であり、他人がベストをだせるように仕向けることもできます。

==========

イスタンブールー3

イスタンブール(トルコ)には歴史地区と呼ばれる世界遺産があり、4つの保護地区から成り立っています。

1.遺跡公園地区
ここには、15紀から19世紀までオスマン帝国の君主が居住したトプカプ宮殿があり、かつては宮殿を取り囲む城壁の傍らにアヤソフィア・モスクがあり、この地区で帝国の政治と公的行事が執り行われていたそうです。

2.スレイマニエ・モスク地区
このモスクは、オスマン帝国の最盛期を築いたスレイマン1世が建築家ミマール・スィナンに命じて造らせたモスク。オスマン建築の最高傑作のひとつで、大ドームの頂点の高さは53mに達するとのこと。

3.ゼイレク・モスク地区
このモスクは12世紀にに建設されたキリスト教のパントクラトール修道院の付属教会をモスクに転用したもの。3つの教会と聖堂の複合建造物で、一部は現在もそのままモスクとして利用されているとのこと。

4.大城壁地区
テオドシウスの城壁という3世紀初頭にテオドシウス2世の治世に建設され、イスタンブル旧市街を完全に内側に覆いつくしている大城壁があります。また城壁のすぐそばにある歴史的建造物・カーリエ博物館があります。
===
さて、東西文明の接点に位置するトルコは、親日的な国として知られています。そのきっかけとなったのが、1889年友好発展を目的に日本にやってきたオスマン帝国海軍の艦船「エルトゥール号」だったのです。

任務を終え帰路時に、和歌山・串本、大島の岩場で「エルトゥール号」は沈没し、串本の村人たちは、救出された69名の乗務員を手厚く看病し、これが、今日まで語り継がれる友好関係の礎となったのです。

小さな漁村の村人たちのこうした行動が、今でもトルコと日本という国の友好関係を築くことになったなんてすばらしい事ですよね。

トルコ観光がさかんに行われている事もこうした友好関係がはじまりだったんですね。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「歴史地区と呼ばれる世界遺産のあるイスタンブール」(トルコ)」への12件のフィードバック

  1. そう!トルコの方は「親日家が多いと聞きました
    今月の初めに友人がトルコに行ってきたそうです。
    イスタンブール凄く素敵だったと言ってました。

    いいね

  2. イスタンブールは、とってもフォトジェニックで、見どころ満載でした。
    今はちょっと危険になってしまい、残念です。
    いい写真を沢山撮れたのは、一生の財産です♪

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中