「月はふたご座」そして「強烈なパワーを持つ”御岩神社」

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

本日は、先日私が訪問し、体感してきたおススメ神社のひとつ「強烈なパワーを持つ”御岩神社」をご紹介:

まずは、月の星座をカレンダーで見ると、本日9月02日17:01から、月はふたご座に位置しています。

月がふたご座に入っている時は、社交性・陽気さが増し、勘の良さもさえ、あらゆる知識や情報に対して興味が湧く時です。

双子座は学問・知識・研究などを好みますが、興味の散漫さや気まぐれな態度が明確な結果を出しずらくしてしまうので気をつけましょう。

ちなみに太陽がふたご座の人は、この時期(9/02~9/04)はパーソナル・パワー・デ-となり、周囲からの影響をより受けやすくなり良い変化を受け取れる時です。ポジティブに物事をとらえれば、運気アップにつながります。

占星術と数秘術がいっぺんに学べるレッスン。詳しくはこちら:

=========

●御岩神社(茨城県)

oiwa-jinjya-2

御岩神社は強烈なパワーを持つ神社といわれています。なぜそう言われるのか?

それは”宇宙飛行士が宇宙から地球を見たときに光の柱が見えた場所”だと言われているからです。

光の柱とは、1971年1月31日に打ち上げられたアポロ14号の宇宙飛行士であるエドガー・ミッチェル氏が、宇宙から見たということで話題になった光のことです。

アポロ14号で宇宙から地球を見たミッチェル氏は、地球のある部分だけが光っていることを発見。

地球に戻ってから、経度や緯度を計測して場所を特定しました。それが、御岩山だったのです。

また、日本人宇宙飛行士の向井千秋さんも、スペースシャトルから光の柱を見ました。その時、一緒にスペースシャトルにいたクルーたちも。

そこで場所を調べてみると、やはり日立市の山だったのです。その山は、おそらく御岩山だといわれています。

ここは茨城県日立市の御岩山にあり、登山道となっている神社なのです。

光の柱が見えた場所は御岩山頂上付近にあるそうですが、案内などはないのでじっくり探さなくてはなりません。

またこの神社は日本でも珍しい神仏習合(神様への信仰と仏様への信仰がひとつになった信仰のかたちで、明治維新前まで1000年以上続いていました)の神社です。なんと、188柱もの神様がお祀りされています。

そのため、御岩神社を参拝すると、日本中の神様にお参りができる状態なんです。

神社に足を踏み入れた途端、とても霊気を感じる場所でした。ツァーご一緒の中の敏感な方もある場所ですごいパワーを感じると言ってました。

ぜひまた訪れてみたい神社です。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「月はふたご座」そして「強烈なパワーを持つ”御岩神社」」への10件のフィードバック

  1. こんばんは。
    ここも榛名神社に見た目が似てますね。

    古代エジプトでも食べられてたらしいですよね。
    クレオパトラの美貌はモロヘイヤとも言われるので食べよう!と思いつつ面倒で(笑)
    カレー味とも合うらしいですね。

    応援☆

    いいね

  2. 宇宙から見えた光の柱なんて、すごいところですね。
    どんな風に見えたかも見てみたいですが、
    宇宙には行けないので、この場所に行って見たいです。
    応援ぽち。

    いいね

  3. 面白いですね。何が光ってるんでしょうね。昔は大日如来も祀っていたということはやっぱり真言宗なのかな?関東の真言宗の分布は研究の価値ありですね。
    https://honkawa2.sakura.ne.jp/7770.html
    こんな面白いサイトがありました。関東地方は比較的真言宗を信じている方が多いですね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中