「独特な石像の”サン・アグスティン遺跡”」(コロンビア)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「独特な石像の”サン・アグスティン遺跡”」(コロンビア)をご紹介

コロンビアの太陽はかに座、月はおひつじ座に位置しています。

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がかに座なら、一番素晴らしい所はヒューマンリレーションシップ。本能的に人をケアし理解することができる。そして一番人をひきつける魅力は忠誠心・誠実さです。

またあなたの月がおひつじ座なら、アクティブで激しいサインですが、月はクールで受け身。この不均衡は才能と鋭さを与えますが同時にナーバス(神経質な)気質ももたらします。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

==========

●「サン・アグスティン遺跡」南米・コロンビア

san augustin3

この大きな目と鼻、きばを生やし、歯を見せて笑う口。その独特さが印象的な、サン・アグスティンの石像。こうした石の立像が、周辺の地中から約500個も見つかっています。それでも全体の10パーセントに過ぎず、残りの90パーセントが未発掘の状態だとのことです。

サン・アグスティンは紀元前3500年ごろに始まったという、大変古くまでさかのぼれる文化です。考古学公園には、その風変わりで独特なデザインを持つたくさんの石像が集められています。

san augustin2

石像はすべて墓のそばに建てられています。墓標か何かの役目を果たしていたのでしょうか。

驚いたことにこれらの石像には、エジプトやインドなどの旧大陸の影響が見られるといいます。西欧諸国による新大陸発見よりもずっと前に、南米と旧大陸の間には交流があったのでしょうか?もしそうだとしたらすごいことですね。

またサン・アグスティンは高度に発達した文化を持ち、脳外科手術をされた頭蓋骨も見つかっているとのこと。カットされた骨がその後くっついていたという事実は、患者が手術後数年は生き延びたことを意味しているそうです。

しかしそんなサン・アグスティンも南からやってきたインカに侵略され、スペイン人が到達した時にはすでに滅びていました。インカ襲来の前に、数多くある石像はみな地中に埋められたそうです。

像のうちの多くは、写真のようにキバを持っています。サン・アグスティンの人々は、キバを強さの象徴とみなし、こうして石像に刻み込んだのだということです。

何百体にも及ぶこうした石像、そして高度な技術をもっていたと思われるサン・アグスティン文明。世界には本当に不思議な遺跡やそれらにおける発見がたくさんありますよね。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「独特な石像の”サン・アグスティン遺跡”」(コロンビア)」への13件のフィードバック

  1. こんばんは。

    面白い顔した石像が多いですね。
    どういう想像力なんだろう?
    昔はそんな顔した人が沢山いたのかな?なんて思っちゃいますよねー。

    応援☆

    いいね

  2. ユニークなお顔が彫られた大きな石ですね。
    これがまだまだ沢山地中にあるとは!
    掘り起こすともっと色々な事が
    解明できそうですね。

    いいね

  3. おはようございます。

    コロンビアといえば、サッカーのワールドカップで2大会連続で予選リーグが一緒になって注目を集めましたね。ハメスロドリゲス。大会期間中はよく耳にされたことと思いますw

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中