「ギョレメ国立公園」と「カッパドキアの岩窟群」

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「”ギョレメ国立公園”と”カッパドキアの岩窟群”」(トルコ)をご紹介

トルコの太陽はさそり座、月はふたご座に位置しています。

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がさそり座なら、強烈(真剣・熱烈・熱心)というのがあなたのパーソナリティーのキーワード。中途半端とか真ん中をとるということがありません。

またあなたの月がふたご座なら、新しい事に夢中になってしまうが、変化・旅・違う種類の人ととの関わり合いによって成長していくことができる。ビジネスでは多方面においてやれることがあり、他人と一緒に価値あるものとなれます。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

=========

「”ギョレメ国立公園”と”カッパドキアの岩窟群”」(トルコ)

goreme national park and cappa dokia-2

ギョレメ国立公園は、トルコの中部、ネヴシェヒール地方にあるアナトリア高原にあります。カッパドキアの岩窟群は、エルジェス山やハサン・ダウ山の噴火によって、凝灰石が風化と浸食を繰り返して出来上がったもので、キノコ状、または、タケノコ状の奇岩怪石が林立しています。

この地に、4世紀前後にローマ帝国の迫害から逃れたキリスト教徒が、横穴式に掘り抜いて約360の岩窟修道院や教会などをつくりました。

なかでも、ギョレメ峡谷一帯のギョレメ国立公園は、周辺の自然を損なうことなく人間の手の入った世界でも珍しい地域で、カッパドキアの奇観を代表するチャウシン岩窟教会などの岩窟教会、トカル・キリッセ、エルマル・キリッセ、バルバラ・キリッセなどの聖堂が集まっており、内部には彩色鮮やかなビザンチン様式のフレスコ画が残っています。

洞窟教会には、光が差し込まないため、当時のフレスコ画がそのまま残っており、当時の色は鮮明。これらは、フレスコ画が主流であったヨーロッパでも見ることが出来ないほどの、大変保存状態が良いものです。

特に、ギョレメ野外博物館にあるカランルク・キリセ(暗闇の教会 11世紀)の壁面に描かれたフレスコ画はとてもすばらしいものです。

カッパドキアには、オオカミ、アカギツネなどの動物、100種を超える植物など、貴重な動植物が生息しています。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「ギョレメ国立公園」と「カッパドキアの岩窟群」」への12件のフィードバック

  1. トルコ行きたいです。三大世界料理はフランス料理と中華料理とトルコ料理と言うそうですからカッパドキアでも美味しいものが食べれるはずです。

    いいね

  2. 教会の中の
    素晴らしい彩色のフレスコ画
    見てみたいですね。
    それにオオカミもいるんですね。
    カッコイイでしょうね~~オオカミちゃん。

    いいね

  3. おはようございます。カッパドキア、トルコへ行ったとき、回れなかったのが、今でも悔やまれます。
    もう行けないなぁ。行けるときに行っておかないとダメですね~

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中