「世界最古のジャングルがあるボルネオ島」(インドネシア・マレーシア・ブルネイ)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

今日はクリスマスですね♪ 一年の中でもキリスト誕生の日という神々しい日です。そんな降誕を祝う神々しい日にちなんで神秘的な場所を今日はご紹介したいと思います。

そんなワケで今回は「世界最古のジャングルがあるボルネオ島」(インドネシア・マレーシア・ブルネイ)をご紹介

ボルネオ島は インドネシア・マレーシア・ブルネイの3か国の領土であり、世界で最も多くの国の領地がある島となっています。

ちなみにインドネシアの太陽はしし座、月はおひつじ座に位置しています。

マレーシアの太陽はおとめ座、月はさそり座に位置しています。

ブルネイの太陽はやぎ座、月はいて座に位置しています。

運気アップしたいならパワースポットへ行け。詳しくはこちら:

=======

「世界最古のジャングルがあるボルネオ島」(インドネシア・マレーシア・ブルネイ)

ボルネオ島北部に位置する「グヌン・ムル国立公園」

世界遺産に登録されているグヌン・ムル国立公園は、そのほとんどが手付かずの密林。周辺の洞窟群の全貌の60%は,まだ未踏査のままだそうです。

グヌンとは現地語で山、ムルとは洞窟の意味で、標高2376メートルのムル山を最高峰に、その周囲の巨大なジャングルに数多くの洞窟が点在しています。

52,864ヘクタール(東京都に匹敵)の国立公園には、熱帯の激しい雨によって大地が浸食されて出来ました。いくつもの大きな洞窟群が発見され、世界でもっともよく調査された熱帯カルスト地帯であるそうです。

なかでもクリアウォーター・ケイブは、洞窟の全長が、なんと約107kmにも及ぶことが1994年の調査で判ったそうです。

その洞窟の中には、コウモリやツバメが生息し、夕方になると餌の虫を求めて洞窟から飛び立つ数百万のコウモリの姿は圧巻です。

洞窟には、数多くのグールドカグラコウモリが住み、洞窟の地面には彼らの糞がつもっています。このコウモリの糞が、ムカデなど、洞窟に住む他の生き物たちの餌となっています。

熱帯雨林に雨が降った夕方、コウモリは目覚め、餌となる虫を求めて一斉に飛び立ちます。300万匹を超すと言われるコウモリの群れは、まるで空をかける一つの生き物のようで、地元の人々は「黒い龍」と呼んでいます。

まだ未踏の地がほとんどというほどの広大なエリアですが、現在トレッカーのために4つの洞窟が一般公開され( 注、ガイドの同行が絶対条件 )安心してジャングル・ウォ-クが楽しめるように整備されている。日本の鍾乳洞をイメージしていたら、そのスケールの違いにびっくりするはずです。

日本からそれほど遠くないアジアの未踏の島ボルネオ島とても魅力的ですね。

運気アップしたいならパワースポットへ行け。詳しくはこちら:

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「世界最古のジャングルがあるボルネオ島」(インドネシア・マレーシア・ブルネイ)」への11件のフィードバック

  1. メリクリ♪

    あれだけマレーシアに通ってたのに、ボルネオもクアラルンプールも行かなかった事をめっちゃ後悔してます。
    当時は話題にもならなかった(汗)

    ぽち☆彡

    いいね

  2. メリークリスマス♪

    世界最古のジャングルなんて
    すごいですね。
    怖いもの見たさというか
    行ってみたいです(^.^)
    ☆。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中