「沖縄のトップクラスの聖地”斎場御獄(せいふぁーうたき”」(日本)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「沖縄のトップクラスの聖地”斎場御獄(せいふぁーうたき”」(日本)をご紹介

日本南部の太陽はおひつじ座、月はてんびん座に位置しています。

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がおひつじ座なら、 第一印象は活気があり話好きな印象で誰かが話題を投げかけるとすばらしい会話をしてくれます。

またあなたの月がてんびん座なら、 美やアートを見抜く目を誰よりも持っており、人生を美しくすごしたいと思っています。

運気アップしたいならパワースポットへ行け。詳しくはこちら:

=======

● 「沖縄のトップクラスの聖地”斎場御獄(せいふぁーうたき”」(日本)

もとは、男子禁制だった沖縄にあるトップクラスの聖域「斎場御獄(せいふぁーうたき)」

琉球王国のグスク及び関連遺産群として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された9つの遺産のなかで、儒教が入る以前の沖縄を、もっとも感じさせてくれます。

斎場御嶽は、数ある沖縄の聖地の中でもトップクラスの聖地。琉球王国時代、このような聖地には女性しか入れませんでした。男性で入れたのは国王だけだったそうです。

【ウローカー】
琉球王国時代、斎場御嶽に入る前に水浴びをするための井戸です。「カー」とは、井戸とか湧き水のことを指すようです。ウローカーは現在枯れているようですが、聖なる力を持った水とされていました。

【御門口(ウジョウグチ)】
斎場御嶽の入口です。ここから先は、ノロなど最高位の神官と国王(国王就任の儀)しか入ることができなかったそうです。一般の人は、ここで参拝しました。

【寄満(ユインチ)】
供物を備える場所だったそうです。沖縄は石灰岩質の島なので自然侵食によってこのような形状となる場合が往々にしてあります。

【三庫理(サングーイ)】
もっとも見ごたえのある聖域です。巨岩の間をくぐり抜けると、陽光が射し眼前に久高島を望むことができるため、その位置を、久高拝所と呼びます。この久高島こそが、琉球開闢神話に登場する女神「アマミキヨ」が降臨したといわれる神の島なのです。

斎場御獄はとても魅力的であり神秘的な場所ですよね。

運気アップしたいならパワースポットへ行け。詳しくはこちら:

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「沖縄のトップクラスの聖地”斎場御獄(せいふぁーうたき”」(日本)」への11件のフィードバック

  1. 沖縄には何度か行っててここは行ってみたいとおもいつつ
    辿りついてないんですよ~
    イヴォンヌさん、今年もお世話になりました
    また来年もよろしくお願いいたします。
    良いお年をお迎えください。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中