「月はいて座」そして「モンゴルのスイスと言われる”フブスグル湖”」

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は
「モンゴルのスイスと言われる”フブスグル湖”」(モンゴル)をご紹介

モンゴルの太陽はかに座、月はてんびん座に位置しています。

あなたとモンゴルとの相性はこちらをご覧ください

まずは、月の星座をカレンダーで見ると、本日1月29日14:32から、月はいて座に位置しています。

月が射手座に入っている時は、寛大さ・開放的・楽観的・助言をする・自分の体験をシェアしたいという気持ちがすべて増加するときです。

旅行やあらゆる活動に積極的になれる時でもあります。

でも過信しすぎてしまったり、実用性にかけるアイデアにはご注意を。

物事の大きな枠でのプランを立てるにはいい時ですが、細かい作業を必要とする事には向きませんので、仕事では細心の注意を払いましょうね。

運気アップしたいならパワースポットへ行け。詳しくはこちら:

=====

「モンゴルのスイスと言われる”フブスグル湖”」(モンゴル)

「モンゴルのスイス」と言われる「フブスグル湖」は、地球上でも数少ない古代湖の一つで、地溝の形成により今から200万年前から500万年前に造られたと言われています。

ちなみに、古代湖とは、一般的に湖の寿命は数千年から数万年と言われていますが、古代湖(こだいこ、ancient lake)とはおよそ10万年以上存続している湖の呼び名だそう。日本の琵琶湖も古代湖のひとつとなっています。

水質はよく、処理なしでそのまま飲用でき、モンゴル国内でも重要な水源です。

フブスグル湖畔には、ツーリストキャンプがあり、遊牧民の伝統的な移動式住居「ゲル」に泊まることができます。

フブスグル地方の狩猟民”ツァータン”はトナカイを飼育し、円すい形の移動式住居でくらしています。

国境を越えればシベリアという針葉樹林帯の景観は、すばらしく、家畜では、牛や羊より、ヤクの姿が目立ちます。

ここには、太古以来の宗教的職能者で、天や遠祖の声を聞いて予言や治病を行うシャーマンもいるそう。

幻想的ですよね~・・・大草原の中でゲルを住居とし、トナカイ・ヤクなどの動物と暮らす・・誰でもシャーマンになれちゃいそうです(#⌒∇⌒#)ゞ

「暑い夏を涼しいモンゴルで」とこの国は日本人の観光客の誘致に熱心だそうです。

日本からウランバートルまでは、4時間半と便利♪でもフブスグル湖のある北西部までは、そこから国内線でムルンまで1時間半、さらに車で湖の南端部まで3~4時間だそう・・・ちと遠い

こうした秘境地はそう便利には行く事ができないかもしれませんが、だからこそこうした自然の生活が営まれているのでしょうね。

運気アップしたいならパワースポットへ行け。詳しくはこちら:

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「月はいて座」そして「モンゴルのスイスと言われる”フブスグル湖”」」への9件のフィードバック

  1. フブスグル湖はちょっと遠いですよね。ウランバートルのそばにもたくさんツーリストゲルがあるからお手軽に行くこともできますよ。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中