「天空の城といわれる十三層遺跡」(台湾)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

昨日は鎌倉方面へのハイキング。ランチは”天空の城ラピュタのようなカフェ”と言われる「樹ガーデン」で桜をめでながらランチ😍 天気もよく気持ちよかったです♪

さて、今回は「天空の城といわれる十三層遺跡」(台湾)をご紹介

台湾の太陽はふたご座、月はかに座に位置しています。

運気アップしたいならパワースポットへ行け。詳しくはこちら:

時が止まったような光景が広がる「十三層遺跡」は1933年に日本人によってたてられた精錬所の跡地です。

鉱山で採掘された銅や金や硫黄などを製錬していた工場で、最盛期には7,000人ほどの工員が働いていましたが、1985年に封鎖され、廃墟となりました。

かつては13層の建物が立ち並んでいましたが、度重なる台風などの影響もあり、いまでは最上部の建物のみが姿を残しています。

天空の城とも呼ばれている「十三層遺跡」は雄大な自然とのコントラストも見どころの一つです。

昔の日本人が建て、働いていた場所何だかノスタルジーを感じますね。

運気アップしたいならパワースポットへ行け。詳しくはこちら:

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「天空の城といわれる十三層遺跡」(台湾)」への8件のフィードバック

  1. 今日は久しぶりに暖かくて
    桜の開花が進みましたよ
    天空の要塞って言葉に相応しい建物ですね。
    日本人が建てただなんてビックリです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中