「 世界最大の仏教寺院遺跡・ボロブドゥール」 (インドネシア)

さて、今回は「 世界最大の仏教寺院遺跡・ボロブドゥール」 (インドネシア) をご紹介

アストロマップ鑑定・春のキャンペーン価格(50%オフ)5月末まで実施中

インドネシアの太陽はしし座、月はいて座に位置しています。

インドネシアのジャワ島中央部にある大規模な仏教遺跡で、カンボジアのアンコール・ワットと並ぶ壮大華麗な遺跡。

単一の仏教遺跡としては東南アジア最大のものとなっています。

19世紀の初頭、イギリスのラッフルズによってジャワ島の密林に眠る寺院が発見されました。8世紀頃に王朝を築いていたシャイレーンドラ王家の設立といわれていますが真実は謎のまま。さらに石組みにも謎があり、接着剤が一切使われていない精密な建築技術となっています。

仏教の宇宙観を表したものだと言われる72基のストゥーパ(釣鐘型の小塔)が三重円を描くように並び、釈迦の遺骨が納められていたというストゥーパまで続いています。

巡礼者たちは、仏教説話に基づいた精緻なレリーフが施されている回廊を歩きながら、釈迦の教えを学び、ストゥーパを時計回りに歩いていきます。上に登るにつれて、涅槃・心の平安へ近づいていくという意味が込められています。

見どころは、グプタ美術の影響が認められる精緻なレリーフ。総延長5kmに及ぶ方形壇の回廊の壁には、仏陀の生涯やインドの説話が1,460面にわたってびっしりと描かれています。

仏像は壁の仏龕(ぶつがん=くぼみ)に計432体、同心円を描く上3層の釣鐘型卒塔婆(ストゥーパ)72基にも1体ずつ納められています。

ピラミッド構造は三界(欲界・色界・無色界)を表し、上るに従い悟りが開けると言われています。

アジア最大の仏教遺跡であるボロブドゥールはやはり偉大な聖地ですよね。

アストロマップ鑑定・春のキャンペーン価格(50%オフ)5月末まで実施中

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「 世界最大の仏教寺院遺跡・ボロブドゥール」 (インドネシア)」への8件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中