「インドの避暑地・シムラ」(インド)

さて、今回は「インドの避暑地・シムラ」(インド) をご紹介

アストロマップ鑑定・実施中

インドの太陽はしし座、月はかに座に位置しています。

インド北部にある標高2000メートルの街・シムラ。ヒマラヤの麓にあるシムラは夏でもすずしくインド有数の避暑地として知られています。

2008年に世界遺産「インド山岳鉄道群」に登録されたカルカ・シムラ鉄道。

急こう配を上るために小回りがきくように設計された小型のかわいい列車はトイ・トレインと呼ばれています。

カルカ・シムラ鉄道はてっちゃんにはかなり魅力的ですよね。

インドの軽井沢と呼ばれる避暑地のシムラは独特の景観美が広がります。

山の断崖に建物があるので街は急こう配の坂と階段があり、なおかつ、標高2000メートル以上の山の上ということもあり、なかなか急いでの観光はおススメできません。

そしてシムラはイギリスの植民地時代に夏の間の首都でした。

そのため街の中心部は英国風の建物が多く、まるでヨーロッパのような雰囲気でインドであることを忘れてしまいそうです。

ちょっと洗練された街・シムラ。少し違ったイメージのインドもいいですよね。

アストロマップ鑑定実施中

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「インドの避暑地・シムラ」(インド)」への11件のフィードバック

  1. 可愛い列車ねぇ~~~。
    またすごいとこ通ってる!(@_@)
    標高2000メートルの街かぁ。。いろんなことが桁外れね。^^

    いいね

  2. ああーカムカ・シムラ鉄道だ。ここを紹介してくれるなんて素晴らしいです。インドの山岳鉄道はダージリンかカムカ・シムラか、と呼ばれてますからね。鉄に言わせると蒸気機関車がいるダージリンのほうが格が上と感じますが、鉄道紀行文作家の宮脇俊三氏が紹介してからこの鉄道にのってみたくてしょうがないんですけどね。次回インド行ったときには時間を作って乗りに行きます。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中