「王家の谷」(エジプト)

さて、今回は「王家の谷」(エジプト) をご紹介

アストロマップ鑑定・実施中

エジプトの太陽はしし座、月はおひつじ座に位置しています。

古代エジプトでは太陽が沈むナイル川の西は死者が住む場所と考えられていました。

王家の谷と呼ばれるナイル川西岸にあるテーベ(現ルクソール)の岩山には、古代エジプトの王国時代のファラオ(王)たちの墓が60近くも発見されています。

1922年には、ツタンカーメンとしてしられる古代エジプト第18王朝のファラオの墓も発見されました。

驚くべきことに、3000年の時を経たツタンカーメンの墓からは、ミイラにかぶせられた黄金のマスクをはじめ、副葬品などがほぼ完全な形で発掘されています。

王家の谷は古代エジプト王たちの歴史の宝庫ですよね

アストロマップ鑑定実施中

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「王家の谷」(エジプト)」への9件のフィードバック

  1. すごいよね~~~~。長い年月を経て そして今でもこういう遺跡がのこっているんだものね、、、

    いいね

  2. 王家の谷に行ったのはもう随分前ですね。ルクソールは見所が多くてとても良かったです。エジプトもう一回行きたいなぁ。

    いいね

  3. こんにちは

    太陽が沈む西は死者の世界!

    なるほど、古代人の感覚

    わかるような気がします。、

    いいね

  4. 10年前に行きましたよ~。2度目の正直でした(^^)/
    というのも一度目の時は、ハトシェプスト宮殿でテロが起こって、家族に反対され泣く泣くキャンセルしたからです。内館牧子の漫画「出会ったころの君でいて」を見て絶対に行きたいって思った場所だったので感動でした。ミイラやツタンカーメンの黄金マスクも見ました(^^)/ そこだけ警備がやたらと厳重でしたよ(^^;

    いいね

  5. エジプトはついに行けず仕舞いでした。
    まだまだ謎に包まれていますよね!
    今夜は夫が帰宅します。彼の荷物の取捨選択をしてもらうのよ。
    毎日雨降りだし、用事は捗らず、ちっとも落ち着きません~(*´▽`*)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中