「小さな大国”ルクセンブルク”」(ルクセンブルク)

さて、今回は「小さな大国”ルクセンブルク”」(ルクセンブルク) をご紹介

アストロマップ鑑定・実施中

ルクセンブルク大公国の首都はルクセンブルク市。隣接国は、南のフランス、西と北のベルギー、東のドイツとなっています。

ベルギー、オランダと併せて”ベネルクス”と呼ばれる小国のひとつ・・・でもこの小さな国は欧州屈指の豊かな国なんですよね~

首都ルクセンブルク市の旧市街と要塞が世界遺産に登録されました。由来は963年、ボックフェルゼンと呼ぶ岩山に建設されたルシリンブルク=小さな城。

もともと断崖の上にあった天然の要塞に、14~15世紀に長大な「ヴェンツェルの環状城壁」が築かれ領土も拡大しました。しかし、1443年にはブルゴーニュに占領され、その後スペイン、フランス、オーストリアなどの大国が支配していたのです。

16世紀に建てられたスペインとイスラムの建築様式が融合した大公宮殿、ゴシックとルネサンス様式を組み合わせ17世紀に建立されたノートルダム大聖堂など、旧市街に残る統治国の建造物がこの国の波瀾の歴史を物語ります。1815年にはルクセンブルク大公国として独立したのです。

かつてのルクセンブルクは大国に翻弄される貧しい農業国に過ぎなかったのですが、第二次大戦後は鉄鋼業などで潤っていったのです。

そして、現在では銀行業や金融サービスを中心とした金融大国。特にユーロ圏におけるプライベート・バンキングの中心地であり、世界的に見てもスイスに匹敵する規模を誇ります。

ある報道によれば、金正日の持つ隠し資産の大半がルクセンブルクの銀行に預けられているらしいです。

ルクセンブルクは地理的に欧州の中心に位置し、欧州における物流の要所であり、更には英語や仏語、独語といった欧州の主要言語がすべて通じる理想的な環境にあるため、欧州圏にビジネス展開しようとする世界企業にとっては魅力的な立地条件を有しています。

そして、ルクセンブルクは先進国の中でも特に税率が低い国であり、数多くの国外企業を誘致することに成功しているそうです。

そして、欧州で最も低い失業率を誇り、国内の所得格差も小さい。

また良質な辛口の白ワインを産出することで知られていますが、国内生産量は小規模であるため、輸出されることは少なく希少性が高いんですって。飲んでみたい!

欧州の中心に位置し、かつては戦略の拠点として大国に翻弄されたルクセンブルクですが、今では欧州屈指の裕福な国へと発展していったんですね~

行ってみたい!・・・・ってか住みたいな~:

アストロマップ鑑定実施中

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「小さな大国”ルクセンブルク”」(ルクセンブルク)」への10件のフィードバック

  1. 税率が低い国もあるんですね
    私も会社ごと移住したいもんです
    本当に日本は税金税金で・・・・(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

    いいね

  2. こんばんは。

    小さな国の方が、統治しやすいからなのか、裕福な国が多いですね。
    なんでも大きければ良いというわけではないですね。

    スマホから応援です☆

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中