「聖なる山”マウント・シャスタ”」(アメリカ)

昨日は東京ではお盆の入りなので、お寺に法要に行ってきました。

お寺は不忍池まで歩いて3分なのですが、池に蓮の花が咲いていました♪

さて、今回は「聖なる山”マウント・シャスタ”」(アメリカ) をご紹介

アストロマップ鑑定・実施中

カリフォルニア北部の太陽はおとめ座、月はさそり座に位置しています。

古来よりこの地方に住むアメリカ先住民の聖なる山とされ、現在の山の名前はその部族のひとつシャスタ族に由来しています。

古くからネイティブアメリカンの聖地とされ、標高4317mの山はシャスタ(男性のエネルギー)とシャスターナ(女性のエネルギー)という2連で形成されています。

陰陽のエネルギーが見事に調和している珍しい聖山と言われており、その超然とした佇まいに魅せられます。

螺旋状に沸き起こる雲、日の出、日の入りに見せる幻想的な色彩。シャスタの壮大なパワーは多くの人を覚醒させたといわれています。

シャスタで働く人の多くは他の地から夢や、不思議な力に導かれてきたといいます。絶滅したレムリアの人々が今なお山奥に住んでいるというレムリア伝説、UFOの基地、富士山と地底で繋がっているという噂もある、ちょっぴり不思議な場所なのです。

山頂付近に不思議な雲が現れることがしばしばあるとの事。合成?ではなく、レンズ雲というのが発生している状態の写真だそうです。それにしても神秘的~

山頂は氷河と万年雪を戴き、その雪解け水はサクラメント川の源となり約500km南流してサンフランシスコ湾に注いでいます。

ナチュラルミネラルウォーターの”クリスタルガイザー”の源泉としても知られるのがこの水です。

この山に雲がかかっている時は、天使が遊んでいると地元では言われています。

メディスンマン(薬草などを用いた伝承の療法で病気を治したり、部族の儀式を司る者)らが、霊的な直観力や、癒し、ガイダンス能力を養うために使用してきた場所でもあります。

シャスタ山を訪れ、そのエネルギーに触れると不思議な体験をしたり、人生の転機を迎える人もいるのだそう。

いろいろな伝説などがある雄大なアメリカの自然・マウントシャスタ。パワーをたくさんもらえそうです。

アストロマップ鑑定実施中

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「聖なる山”マウント・シャスタ”」(アメリカ)」への13件のフィードバック

  1. 不忍池に行くたびに蓮の時期に行きたいと思ってたけど、、東京のお盆の頃だったのね。
    マウントシャスタ、佇まいまで神秘的なのね。。

    いいね

  2. おはようございます。

    地域によっては7月のお盆ってありますよね。この間ぼくも市川のお寺さんで蓮の花を眺めていましたよw

    この山の美しさ、一瞬ですが、富士山にも見えました^^;

    いいね

  3. おはようございます。
    不忍池の蓮の花、こんなに綺麗に咲いたのね!
    一緒に行ったときはまだ枯れていたのに。

    法要、きちんとなさっていて、さすがです♪

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中