「ボタニックパーク”ソウル植物園”」(韓国)


さて、今回は「ボタニックパーク”ソウル植物園”」(韓国) をご紹介

アストロマップ鑑定・実施中

韓国の太陽はしし座、月はいて座に位置しています。

今年5月1日に正式オープンした”ソウル植物園”

「公園」と「植物園」を結合させた韓国初の「ボタニックパーク(Botanic Garden+Park、公園の中の植物園)」 です。

世界12都市の植物展示というコンセプトに合わせて、温室にはアマゾンで初めて発見されたオオオニバス、オーストラリアのクイーンズランド州に自生する木、スペインから持ちこんだオリーブの木など、韓国ではなかなか見られない植物をさらに取り入れ ました。

公園の中は▴オープンフォレスト、▴テーマ園、▴湖園、▴湿地園の4つのエリアに分かれています。

その中には8つのテーマで作られた屋外庭園やジャカルタ(インドネシア)、バルセロナ(スペイン)、サンフランシスコ(米国)など世界12都市の植物を展示する植物センターがあるテーマ園があります。

「星の王子さま」に登場するバオバブの木や菩提樹も見ることができます。

ソウル市は、ソウル植物園を通じて▴植物文化の拡散、▴都市生物の種類の多様性に関する研究、▴市民が参加する公園文化の定着、▴成長する植物園などの価値を高めていく予定だ そうです。

また場所は金浦空港から車で10分ほどのところにあり、開発が進んでいるエリアで近くにはコートヤード・ソウル・ボタニックパークという豪華なホテルも誕生しています。

空港からも近く、地下鉄麻谷(マゴン)ナル駅にほぼ直結の植物園の中にいるようなイメージのこのホテルに滞在するのもいいですよね。

アストロマップ鑑定実施中

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪


「「ボタニックパーク”ソウル植物園”」(韓国)」への10件のフィードバック

  1. これはきれいなところですね。
    でも、この前韓国が初めて作った柑橘の交配種という韓国のニュースがありましたが、その親はすべて愛媛県や日本から盗んでいった品種だったので、ニュースにはなっていませんが、愛媛県の担当者がおこっていました。
    応援ぽち。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中