「戦争が生んだ無敵の星型”ブールタング要塞”」(オランダ)


さて、今回は「戦争が生んだ無敵の星型”ブールタング要塞”」(オランダ) をご紹介

アストロマップ鑑定・実施中

オランダの太陽はさそり座、月はみずがめ座に位置しています。

オランダ独立戦争ともいわれる80年戦争中(1568~1648)にかけ、ドイツとの国境付近にブールタング要塞が築かれました。

上から見ると、要塞はきれいな星型をしています。

先端の角部分に砲台や兵士を置いて防衛力を上げるという構造的な狙いから、このような星型になったと言われています。

当時、ヨーロッパでは同じような星型の要塞が多く築かれていましたが、ブール単ぐ要塞のようにきれいな形で残っているものは多くありません。

要塞の中は、今では野外美術館となり、オランダの歴史を垣間見る事ができます。

今では、多くの緑に囲まれたのどかな雰囲気に、一瞬ここがかつて戦場の最前線だったことを忘れてしまいそうになります。

アストロマップ鑑定実施中

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「戦争が生んだ無敵の星型”ブールタング要塞”」(オランダ)」への11件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中