「透明な教会」(ベルギー)

さて、今回は「透明な教会」(ベルギー) をご紹介

アストロマップ鑑定・実施中

ベルギーの太陽はてんびん座、月はおうし座に位置しています。

ベルギーのボルフローンという街に 巧みに配置された鉄板により、角度によって見え方が変わる不思議な教会 があります。

実際には教会として使用されている訳ではなく、教会の形をしたアート作品です。

上から見ると何の変哲もない素朴な教会、横からだと無色透明と様々な顔を見せてくれます。角度によって透明にも不透明にも見える不思議な教会なのです。

ベルギー屈指の果樹園帯の広がるハスペンハウ地方ボルフローン。こののどかな田園地方に現れたのはなんとも不思議な透けてしまう教会です。

見る角度と光と影の加減により、茶色い木製の教会にも見えますし、また全く壁がなく後ろの景色まで見渡せたりもします。

教会を設計したのはベルギーの若手建築家ペーターヤン・ハイスさんとアーノート・ヴァン・ヴァーレンベルフさん2人でなる「ハイス・ヴァン・ヴァーレンベルフ(Gijs Van Vaerenbergh)」

教会は2011年9月24日より正式に開館 しました。

田園風景に建つ文字通り景観に溶け込んだ教会きれいですね。

アストロマップ鑑定実施中

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪



「「透明な教会」(ベルギー)」への13件のフィードバック

  1. これは面白い。ベルギーはブリュッセル市内とブルージュしか行かなかったので、こういう田園風景を見に行ってみたいです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中