「奇人大富豪が創ったファンタジックな異形の庭園」(ポルトガル)

さて、今回は「奇人大富豪が創ったファンタジックな異形の庭園」(ポルトガル) をご紹介

アストロマップ鑑定・実施中

ポルトガルの太陽はおうし座、月はみずがめ座に位置しています。

ポルトガルの景勝地シントラは夏の離宮やぺな宮殿が立ち並ぶ歴史地区です。この町のはずれにファンタジックな異形の庭園「キンタ・ダ・レガレイラ」があります。

17世紀に貴族の庭園として建てられ、20世紀初頭に変わり者の大富豪アントニオ・カルヴァ―ジョ・モンテイロが買い取り、オペラの舞台芸術家であるルイジ・マニー二が設計し、全面的に改装しました。

モンテイロが好む強烈なゴシック庭園には錬金術研究所やダンテの「神曲」をモチーフにした螺旋階段、ガーゴイルやキメラなどの怪物や隠し扉など、謎だらけのモニュメントがいっぱいです。

この建物のシンボルはテンプル騎士団、フリーメイソン(16世紀後半から17世紀初頭に判然としない起源から起きた友愛結社)に関係しています。

モンテイロは秘密結社の一員だったのかもしれません。

ちょっと不思議な起源を持つファンタジックな庭園行ってみたくなりますね。

アストロマップ鑑定実施中

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「奇人大富豪が創ったファンタジックな異形の庭園」(ポルトガル)」への13件のフィードバック

  1. おはようございます。ポルトガルは大好きな国です。
    が、ここは行ってません~
    今日もこちらは雨降りです。しとしとしとと・・・

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中