「人気観光地・九フン」(台湾)

さて、今回は「人気観光地・九フン」(台湾) をご紹介

アストロマップ鑑定・実施中

台湾の太陽はふたご座、月はかに座に位置しています。

台湾北部の新北市瑞芳区の山間にある九フンはかつて、金の採掘でにぎわいを見せ。日本統治時代に街並みが整備されました。

台湾の言葉で九フンとは9人の人を意味し、特にこの地を開拓した9人を指してこの地名となったと言われています。

また別の説ではこの地にはかつて9世帯しかなく、買い物をするときに各家が持ち回りで買い出しに行き、それを九つにわけたことから9で分ける。九ふん(ふんの字はにんべんに分です)となったとも言われています。

日本統治時代の1920年代には九フンは大学があり、19世紀には金の採掘で発展しましたが、1971年に採掘禁止令がでて、その後すたれていったのです。

その後1989年に二二八事件を題材としたえいが「非情城市」のロケ地となったことで、脚光をあび、そのご一大観光地として発展していったのです。

中でも阿妹茶楼は宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」の映画の中で描かれている湯屋にそっくりだと言われています。

茶楼ということでこちらではちょっとした休憩でお茶・お菓子を楽しむことができます。

もちろん食事をすることもできますので、独特の雰囲気のなか、台湾りょうりをあじわってみてもいいですね。

また路地の散策が楽しく、有名な夜市とはちょっと違った感覚の賢崎路(けんざきろ)も事を思わせる雰囲気の落ち着いたたたずまいがあり、レトロでステキです。

台北からバスを使うと斜面に広がる美しい夜景も楽しむことができます。

運気アップしたいなら・アストロマップ鑑定・実施中

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「人気観光地・九フン」(台湾)」への14件のフィードバック

  1. いいなぁ~~~。ワクワクする街だね~~
    台湾行きたい!家族で毎年言ってる。
    お隣の奥さんは 台湾びいきで もう8~9回行ってるらしい。^^

    いいね

由乃 にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中