「オランダで美術鑑賞」

さて、 今回は「オランダで美術鑑賞」をご紹介

¥3800でレッスン受講できる!・占星術でパワースポットを知る・生年月日と名前わかる数秘・本場欧米で学んだ占星術

オランダの太陽はさそり座、月はみずがめ座に位置しています

あなたとこの国との相性はここをクリックしてみてくださいね

●マウリッツハイス美術館

オランダを代表する画家というとみなさんご存知の”レンブラント”と”フェルメール”

このふたりの優れた作品を所蔵することで知られる美術館。世界でも数少ないフェルメール作品のうち、「真珠の首飾りの少女(青いターバンの少女)」「デルフトの展望」「ティアナとニンフたち」の3点を鑑賞できるフェルメールの殿堂です。

●ラーケンハル市立美術館

この美術館はライデンというレンブラントの生まれた地です。そして 2019年11月3日~2020年2月9日 にはレンブラントが没後350年を記念して「若き日のレンブラント」展を開催します。

レンブラントの初期の作品に着目した特別展です。若き日のレンブラントの才能がいかに育ち開花したかを知ることができます。制作されてから約400年の時を経て、作品が故郷のライデンに戻って来ます。

●アムステルダム国立美術館

世界屈指の美術館です。中世から現代まで幅広いコレクションを誇り、中でも17世紀のオランダ絵画の充実ぶりは群を抜いています。

レンブラントの「夜警」やフェルメールの「牛乳を注ぐ女」など、教科書で目にしたことがある絵画がいくつもあります。

また美術作品だけでなく、美しい内装で知られる「名誉の間」や「カイパース図書館」など、素敵な建物にも注目 です。

また今の時期「レンブラントとベラスケス」展をスペインのプラド美術館のユニークなコラボレーションにより、17世紀のオランダとスペインの2代巨匠の作品を展示する特別展を開催します。

秋のオランダで美術の旅もいいですね。

あなたは自分に合ったパワースポットに行ってますか?詳しくはこちら

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「オランダで美術鑑賞」」への9件のフィードバック

  1. 今年の春先に大阪でフェルメールを観賞しましたが
    素晴らしかったですよ。
    まだいろんな作品、オランダで見てみたいです。

    いいね

  2. アムステルダム、昔に行きましたが、美術鑑賞など思いもかけなかった、若かりしころ。
    iphone8plusを買いました! まだ使い方が全然分かりません。カレンダーを西洋の日付にして、タイ語を削除したくらい。でも何か設定をしようとすると、削除したはずのタイ語になってしまい、イライラです。英語(メイン)、サブは日本語にしたのですが。。使えるようになるまで3ヶ月はかかりそう。

    いいね

  3. 真珠の首飾りの少女は マウリッツハイス美術館ってとこにあるのね。
    オランダ行ってみたいわぁ。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中