招き猫発祥の地「豪徳寺」

さて、 今回は招き猫発祥の地「豪徳寺」をご紹介

¥3800でレッスン受講できる!・占星術でパワースポットを知る・生年月日と名前わかる数秘・本場欧米で学んだ占星術

東京・世田谷にある「豪徳寺」

★1480年、世田谷城主の吉良政忠が亡くなった伯母の菩提として城内に弘徳院を建立。1633年には、彦根藩主の井伊直孝によって井伊家の菩提寺とされ、1659年に直孝が没した後「豪徳寺」に改名しました。

招き猫発祥の地とも伝えられています。ちなみに滋賀県彦根市のゆるキャラ「ひこにゃん」は豪徳寺の招き猫がモデルとか。

招き猫発祥の地とする謂れは、井伊直孝が猫により門内に招き入れられたエピソードによります。雷雨を避け、和尚の法談を聞くことができたことを大いに喜び、後に井伊家御菩提所としたといいます。

豪徳寺では「招福猫児(まねぎねこ)」と称し、招猫観音(招福観世音菩薩、招福猫児はその眷属)を祀る「招猫殿」を置いています。招猫殿の横には、願が成就したお礼として、数多くの招福猫児が奉納されています。ちなみに、招福猫児は右手を上げており、小判などを持たない素朴な白い招き猫。

招き猫というと浅草「今戸神社」も有名ですが、そのためか、縁結びに効果ありといわれていますが、全般的な人間関係・仕事運にも効果ありです。

お守りグッズに「招き猫」があるようで、境内には、招猫観音を祀る「招猫殿」があり、大願成就した際には、願掛けした招き猫はこちらに納める慣わしであるようです。

願いを叶えて、「招猫殿」へ招き猫を納めましょう

あなたは自分に合ったパワースポットに行ってますか?詳しくはこちら

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪





「招き猫発祥の地「豪徳寺」」への11件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中