エーゲ海に浮かぶ聖なる地「デロス島」(ギリシャ)

さて、 今回は エーゲ海に浮かぶギリシャの聖なる地「デロス島」 をご紹介

¥3800でレッスン受講できる!・占星術でパワースポットを知る・生年月日と名前わかる数秘・本場欧米で学んだ占星術

ギリシャの太陽はふたご座、月はふたご座に位置しています。

デロス島は、エーゲ海に浮かぶギリシャの島。観光客の多いミコノス島の隣の島で、歴史的にはデロス同盟が結ばれたことで知られています。

キクラデス諸島に属し、島内には遺跡が数多く残っています。

ギリシャ神話では、アポロンとアルテミスの生誕地として、聖地とされています。女神レトはデロス島のキュントス山(Mount Kynthos)でアポロンを産んだとされます。かつてはヘレニズム文化の宗教的、芸術的、商業的な中心地として栄えました。

紀元前10世紀ごろから住み始めたというイオニア人が建てた神殿や市場跡、彫像などが往時を偲ばせています。

島は海賊や盗賊の度重なる襲撃などで衰退し、1世紀後半には廃墟と化して無人島になりました。現在は研究棟が建ち、わずかな研究員が滞在しています。

ミコノス島から日帰りで船で45分くらいで、ティノス島へ。ティノス島はギリシャ正教徒の巡礼地として有名な島。

1822年、この島で発見された奇蹟のイコン「マリア聖画像」はパナギア・エヴァンゲリストリア教会に安置されています。

聖母マリアにちなんだ聖母被昇天祭は、ギリシャ全土で祝われる最も大切な行事の一つです。8月15日には国中の教会で特別の礼拝や行事がありますが、中でも、ティノス島では、とりわけ盛大に祝われます。

その中心は、人々の願い事を叶えてくれると言う「奇跡のイコン」が安置されているパナギア・エヴァンゲリストリア教会。礼拝が行われた後、聖母マリアを描いたイコンを司教が掲げ持ち、ティノスの街を一周します。

「奇跡のイコン」を一目見ようと集まった群衆も加わり、行列は一層その盛大さを増すことになります。聖母被昇天祭の前後1週間ほど、ティノス島はギリシャ国内はもとより、世界中から集まるギリシャ正教の巡礼者で溢れかえるそうです

あなたは自分に合ったパワースポットに行ってますか?詳しくはこちら

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪





「エーゲ海に浮かぶ聖なる地「デロス島」(ギリシャ)」への10件のフィードバック

  1. こんばんは。

    THE 歴史あるヨーロッパって感じですね!! こういう場所へ行くときには事前学習が必要でしょう。その方が楽しみも多く深まるはず!!

    いいね

  2. こんにちは。

    紀元前10C頃からこの神殿などが作られ始めたのですね。
    まさに古代史ですね。
    ここでの祭りは、神秘的で厳かな感じでしょうか。
    行ってみたいです~

    ぽちっ

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中