月はいて座そして上弦の月の行動例

さて、月の星座をカレンダーで見ると、本日8月16日12:11から、月はいて座に位置していきます。そして本日は上弦の月となりますので行動例もご紹介:

★★鑑定実施中・詳しくはここをクリック

月が射手座に入っている時は、寛大さ・開放的・楽観的・助言をする・自分の体験をシェアしたいという気持ちがすべて増加するときです。

旅行やあらゆる活動に積極的になれる時でもあります。

でも過信しすぎてしまったり、実用性にかけるアイデアにはご注意を。

物事の大きな枠でのプランを立てるにはいい時ですが、細かい作業を必要とする事には向きませんので、仕事では細心の注意を払いましょうね。

ちなみに太陽がいて座の人は、この時期間はパーソナル・パワー・デ-となり、周囲からの影響をより受けやすくなり良い変化を受け取れる時です。ポジティブに物事をとらえれば、運気アップにつながります。

いて座の人は、進歩的で休むことない精神・自由とアドベンチャー精神・新しいアイデアと変化する場面を成育していきます。将来に対する自信はありますが、自分のアイデアに干渉されることを嫌い、物事に飽きてくるといらいらしたり怒りっぽくなったりするので気をつけましょう。

また、いて座は身体の部分では 肝臓・坐骨神経・大腿 をつかさどっています。いて座の人はこの部分を大切に

また本日8月16日は上弦の月です。

上弦の月の時は活動的で衝動的。過去を忘れ、自分の個性や能力の発揮を求めてゴールに向かって必要な行動をとり始める時です。

そのためにこの期間にはこれからの成長と発達を達成するために邪魔になるようなものは取り除いていきましょう。

この期間にあなたが達成したいと思っていることに対しての行動とはなんでしょうか?何があなたの邪魔をしたり、不安にさせたりしているのでしょうか?

感情的な繊細さと思い違いが前進することへの妨げになっているかもしれません。

それらの感情を克服することを意識して前進していきましょう。

感情を克服するためには運動感覚も含みます。

身体を動かす事を使ってエネルギーを生みそして創造的な表現力に伝えることも重要です。身体的な行動がこの始まりのエネルギーをつくるポイントとなるでしょう。

ストレッチ・ダンス・エクササイズなどがブロックされている感情をやわらげてくれます。

上弦の月のキーワードは行動・表現力・成長・離脱。

イヤな過去や古い考え方を捨てて成長していけるように体を動かしながら、進んでいかなくっちゃですね

★★鑑定実施中・詳しくはここをクリック

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「月はいて座そして上弦の月の行動例」への11件のフィードバック

  1. 物事の大きな枠でのプランを立てるにはいい時なんですね。
    運動・・最近調子悪くて スポーツクラブも前のようには行けてないんだよね、、、(;’∀’)

    いいね

  2. おはようございます。耳が痛い(>_<) めっちゃ運動不足です。今日からさっそく、何かします。誓います(笑)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中