日本人はなぜ黒縁メガネにカメラぶら下げてる?

欧米のマンガやイラストには、日本人は「黒ぶち丸メガネ」にカメラをぶら下げている姿がよく描かれていますよね。

なぜ、日本人と言うと黒ぶち眼鏡なのでしょう?その答えが意外なものだったのです。

★★鑑定実施中・詳しくはここをクリック

幕末から明治にかけて、日本人を紹介したマンガが欧米人に強烈な印象を残したからだそうです。

イギリス人のワーグマンという人が、横浜居留地に住んでいた外国人向けのマンガ雑誌「ジャパン・パンチ」を発刊し、それが商人や旅行者を通じて、世界中に広まっていったのだそうです。

ワーグマンだけでなく、同時期に活躍したビゴーの日本を風刺したマンガなどには日本人は例外なく、
赤ん坊までも黒ぶちメガネ姿で描かれていたそうです。

写真が普及していなかった時代のことで、日本人はみんなメガネをかけていると思われてしまったのです。

おもしろいですよねぇ~(^∀^)マンガが”黒ぶちメガネにカメラ”の日本人像のはじまりだったんですね。

ただ、今日でも日本人の近視率は高く人口の約半分以上。一方アメリカ人は25%にすぎないそうです。

まんざら、マンガの日本人像もはずれてないのかも?!

★★鑑定実施中・詳しくはここをクリック

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「日本人はなぜ黒縁メガネにカメラぶら下げてる?」への10件のフィードバック

  1. そうそう、ビゴーの風刺漫画、そのイメージがあります。^^
    あと 海外の映画では 首から下げたカメラに黒ぶち眼鏡でサラリーマンの格好・・ってのも多くなかった?

    いいね

  2. ティファニーで朝食を中にも
    黒縁メガネの東洋人が出てきましたね
    日本人の設定でしょうか( *´艸`)

    いいね

  3. 丸眼鏡ではなく四角い感じがしますけどね。
    丸い眼鏡は香港人が好きでよく掛けてます。
    女の子の丸眼鏡率、香港ではめちゃくちゃ高いですよ。

    いいね

  4. イギリス人の眼鏡率も高いですよ~。日本人は読書するから近視が多いのかも? イギリス人も読書家が多いです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中