たぬきそばと言えば・・?!

まだ暑い日が続いていますがもう立秋も過ぎ、秋の味覚も恋しくなってくる頃です。

秋の訪れを告げる味覚の一つが新そば。

そばの出汁の味の東西の違いは有名ですが、そばの名前にも地域差があります。

関東から北の地方では「たぬきそば」といえば、「揚げ玉入りのそば」ですが、大阪では「たぬきそば」を注文すると「油揚げ入りのそば」

大阪で「きつね」といえば、油揚げいりのうどん。

「たぬき」といえば、油揚げ入りのそばを指すとのこと。

揚げ玉(天かす)は無料トッピングになっているところが多いそう。

関西でも京都ではまた違って、油揚げを短冊に切り、その上にどろっとしたあんをかけたものを「たぬき」と呼ぶ。

また北海道では「たぬき」といえば、衣が多めのかき揚げ入りとなる。

知ってました~?!

私はひとつも知りませんでした(^_^;)

天かすがサービスの大阪もいいし、どろっとしたあんかけの京都のたぬきもいいし、地方によってそばひとつをとってもいろいろなんですね。

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「たぬきそばと言えば・・?!」への8件のフィードバック

  1. 大阪の感覚で、ほかの地域にってメニューの写真を見て
    違いがあるのがわかりました。
    タヌキが好きだったので、注文しようとして知りました。
    応援ぽち。

    いいね

  2. きつねはよく食べますが
    たぬきって食べた事が無かったです
    地域(関西と関東)によって、入ってる具が違うのですね

    いいね

  3. おはようございます。京都のあんかけのたぬき、食べたい♪ 私は銀座の屋台の狐が大好きでした。油揚げが凄く美味しくて。今ではもうないと思うけれど。土地によって随分違うのね。面白いね!

    いいね

  4. おはようございます。
    そうなんですよね。
    大阪のたぬきそばに油揚げが
    入っていて最初は驚きました。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中