カテゴリー: アジア

「絶景!太魯閣(たろこ)渓谷」(台湾)

さて、今回は「絶景!太魯閣(たろこ)渓谷」(台湾) をご紹介

アストロマップ鑑定・実施中

台湾の太陽はふたご座、月はかに座に位置しています。

太魯閣渓谷は、国立公園内にある渓谷で、台湾八景と呼ばれる台湾を代表する名所のひとつです。

太魯閣渓谷は、大理石でできた岩盤に川が流れているなんとも美しい渓谷です。

太魯閣渓谷の見どころは、長春祠(チャンチュンツー)燕子口(イェンズコウ)九曲洞(キュウキョクドウ)の3カ所:

長春祠(チャンチュンツー)

長春祠は、東西横貫公路の工事で亡くなった人を祀っている場所 なんです。長春祠の美しい清流は、芸術的で自然が造ったものとは思えないほど。

燕子口(イェンズコウ)

春や夏に多くのツバメがここに渡って来て渓谷を飛び回っているから、ここに生殖するヒメアマツバメやイワツバメが多くいるから、この名前が付いたと言われています。

九曲洞(キュウキョクドウ)

九曲洞は、太魯閣渓谷の中で1番綺麗な景色を見ることができる場所 です。

そして渓谷観光のフィナーレには天祥のシンボルである祥徳寺の天峰塔に上るのがおすすめ。締めくくりにふさわしい絶景に出会えます。

台湾を代表する景勝地として知られる台湾8景の1つ、太魯閣(タロコ)渓谷は、国家公園にも指定されている絶景スポットです。

ツァーを利用すれば台北から日帰りでも行かれる場所です。見逃せないスポットですね。

アストロマップ鑑定実施中

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「世界四大博物館のひとつ”故宮博物院”」(台湾)

さて、今回は「世界四大博物館のひとつ”故宮博物院”」(台湾) をご紹介

アストロマップ鑑定・実施中

台湾の太陽はふたご座、月はかに座に位置しています。

台北にある 故宮博物院はフランスのルーブル、ロシアのエルミタージュ、アメリカのメトロポリタンと並び、世界四大博物館のひとつに挙げられています 。

故宮博物院は清朝最後の皇帝、溥儀が北京の紫禁城(故宮)から退去した後の1925年に、歴代皇帝が所有していた美術品を一般公開したのが始まりです。

歴代の中国王朝の皇帝達が集めてきた中国の美術品をはじめとして、8000年前からのコレクションが保管されています。展示はカテゴリー別・時代順に配置されており、近代中国社会の返還と深く関わっている物が多いのも特徴です。

故宮博物院の誇る5大宝物 があります:

2色に分離した翡翠を清廉潔白を表す白菜に模した「翠玉白菜」

3層になっている石に加工を施した「肉形石」。

オリーブの種に8人が乗った船「雕橄欖核舟」。

1本の象牙から21層の球体を掘り出した「彫象牙透花雲龍紋套球 」は、人間業と思えない細かさ。

「毛公鼎」は、獣の足を模した青銅器の祭礼器具で器の内側に500文字の銘文が刻まれた歴史的資料としても価値ある品です。

これらは見逃せない鑑賞作品です。

また、 故宮博物院は最寄りのバス停からも確認できるほどの大きさがあり、白を基調とした美しい外観を見るだけでも価値があると言われています。

美術好きには見逃せないスポットですよね。

アストロマップ鑑定実施中

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪