カテゴリー: アジア

「ゾロアスター教の聖地”チャクチャク” 」(イラン)

さて、今回は「 ゾロアスター教の聖地”チャクチャク” 」(イラン)をご紹介

イランの太陽はおひつじ座、月はおうし座に位置しています。

運気アップしたいならパワースポットへ行け。詳しくはこちら:

「チャクチャク」を日本語で言うなら、「ポタポタ」といった水の滴る擬音のこと。

ゾロアスター教の聖地であり、「遠い昔、アラブの王から逃れてきた、捕虜の姫君が流し続ける涙の音であり、それが湧水となって乾いたこの地を潤している」という伝説が残っています。

砂漠と荒野の中、湧水の溢れる岩山周辺に、巡礼者のための宿泊施設や神殿を見る事ができます。

今ではすむ人もいなくなってしまった村ですが、毎年開かれる6月下旬の祭典には、多くの信者たちが集まります。

このお祭りは、スピリチュアルな直観を得るだけでなく、ごちそうや音楽、ダンスを楽しむ場にもなっているそうです。

ゾロアスター教とは、イランにイスラム教が広がる前、紀元前1200年から1000年頃、イラン高原東北部に住む、ゾロアスターにより唱えられたそうです。

イラン人の宗教として、7世紀以降のイスラムの侵入までイランの人々の信仰のよりどころとなっていたそうです。イスラムがイラン国内に入り、各地で大発展を遂げると次第にゾロアスター教は少数派となり消滅していきました。

荒野のど真ん中にある岩の壁に建物が建っているだけ。ゾロアスター教の最も重要と言われる聖地がここになるのは、神秘性を持たせるために人里離れたところにしたからなのか、それとも、他の宗教や国家の圧力で追いやられてここに聖地がなったのでしょうか。

荒野の中にある神秘的な宗教の聖地、世界の広さを感じますよね。

運気アップしたいならパワースポットへ行け。詳しくはこちら:

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

  

「バリ島のウルワツ寺院とケチャダンス」(インドネシア)

さて、今回は「バリ島のウルワツ寺院とケチャダンス」(インドネシア)をご紹介

インドネシアの太陽はかに座、月はおひつじ座に位置しています。

運気アップしたいならパワースポットへ行け。詳しくはこちら:

美しい夕陽をながめられる「ウルワツ寺院」。寺院は崖の上にあり、散策をしながら、インド洋の絶景を楽しむことができます。

断崖絶壁にそびえた寺院を取り囲む景色は壮大です。

ウルワツ寺院で見られるのがケチャダンス。

ケチャダンスはインド古代叙事詩「ラーマーヤナ物語」の一部を基にストーリー仕立てになっている舞踊で見ごたえたっぷり。

ここウルワツで行われるケチャダンスの魅力はなんといってもその絶好のロケーションとエンターテインメント性です。

断崖の上に設けられた会場でインド洋に沈む夕日と幻想的なケチャダンスのコラボレーションはすばらしいです。

素晴らしい景色の中でバリ島三大舞踊のひとつであるケチャダンスを鑑賞できるっていいですよね。

運気アップしたいならパワースポットへ行け。詳しくはこちら:

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪