カテゴリー: アフリカ

「ピンクに染まる湖ラックローズ」(セネガル)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

今回は「ピンクに染まる湖ラックローズ」(セネガル)をご紹介

セネガルの太陽はふたご座、月はおうし座に位置しています。

”星座別幸運を呼ぶロケーション”はこちらをご覧ください。あなたとこれらの土地の相性があうかはここをクリック

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がふたご座なら、ヴァラエティーに富んだこと・変化を好むので終わらせないままに去ってしまう事が多く、ひとつの事に集中できない事になってしまう傾向があります。

またあなたの月がおうし座なら、おうし座の月は穏やかで思慮深さを与え、自分の結論を出す前に自分の受けた周りの印象(世界観)をじっくり考えるタイプです。

==========

セネガルー3

まずはセネガルってどこ?と思う方も多いと思いますが、首都はダカールであの有名なダ・カール・ラリーの終着点として有名な場所です。

そのセネガルはアフリカ大陸最西端にあり、ヴェルデ岬のそばにある「ラックローズ」は、いちごミルクのようなピンク色に染まる湖で、正式名はれトバ湖。

このピンク色は、ドナリエラ・サリナという緑藻の一種によるものだそう。

セネガルー2

藻の量や塩分の濃度、天候などによって水の色が変化し、特に乾季の終わりにあたる5月~6月上旬は湖面が下がるため、より色が鮮やかになるようです。

セネガルー4

またセネガルの西海岸にある”サリービーチ”はダカールからも近く、5つ星のホテルやコテージが並び、海水浴をはじめ、釣りやゴルフも楽しめ、おいしいシーフードも人気です。

セネガルはダカールが首都で意外に身近に感じる国ですよね。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「グレートジンバブエ遺跡」(ジンバブエ)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

今回はアフリカには珍しい石造都市「グレート・ジンバブエ遺跡」(ジンバブエ)をご紹介

ジンバブエの太陽はおとめ座、月はしし座に位置しています。

”星座別幸運を呼ぶロケーション”はこちらをご覧ください。あなたとこれらの土地の相性があうかはここをクリック

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がおとめ座なら、穏やかな印象ですが、自分の中のナーバスさ・不安定さなどをコントロールしようとしているのを感じています。

またあなたの月がしし座なら、ポジティブでたくましくダークサイドでさえも他の月より暗くない。月に対して温かさと安定性を与え理想的な質も加えられています。

==========

まずは、ジンバブエってどこ?っと思われる方も多いと思いますが、アフリカ南部にあり、首都はハラレ。アフリカ大陸の内陸部に位置し、モザンビーク、ザンビア、ボツワナ、南アフリカ共和国に隣接しています。

ジンバブエという国名は「石の館(家)」を意味し、ジンバブエ国内にあるグレート・ジンバブエ遺跡に由来すると言われています。

サブサハラ(サハラ砂漠以南のアフリカ)には珍しい石造都市グレート・ジンバブエは、大航海時代、ヨーロッパの人々はアフリカにおいてこのような高度な文明の存在が信じられず、フェニキアの都であるとか、聖書の伝説の都「シバの女王の国」ではないかと噂したそうです。

グレート・ジンバブエの歴史ははっきりとはわかっていませんが、紀元前から人々の生活の跡があるといいます。

グレート・ジンバブエが飛躍したのは9世紀ほどからだといわれ、サビ川上流にグレート・ジンバブエを発見したイスラム商人が、豊富にとれる金に目をつけ、モンスーン貿易の拠点と位置づけるようになります。

グレート・ジンバブエは金をはじめとする鉱物を輸出して莫大な富を手に入れ、アジアの綿織物や中国製の陶磁器・武器・工具等を輸入したようです。

この頃にグレート・ジンバブエは、巨大な石造都市になっていったのです。

ジンバブエ2

独自の石造建築を発展させ、城壁で街を囲い、首長の宮殿を築き、他に類を見ない都を築き上げ、最盛期の人口は2~4万人にもなったといわれています。

街は大きく発展しましたが、その滅亡は自然破壊からはじまったといわれます。

街の規模が増すにつれ土地は荒廃し、生活に使う木材も食糧もとれなくなってしまいました。鉱物の生産もピークをすぎ、金の産出量も激減したのです。

南部アフリカの中心はやがてモノモタパ王国やトルワ王国へと移り、15世紀にはグレート・ジンバブエは放棄されることになったのです。

自然破壊から滅亡していったというグレート・ジンバブエ・・何だか今の地球の自然破壊の状態を思うと怖い気がします。

しかしながら、グレート・ジンバブエは何よりも、自然との一体感はすばらしいし、またグレート・ジンバブエ周辺の街や村もとてつもなく美しい様子。

ライオンやキリンが住んでいるサバンナも近く、大自然と共に生きるアフリカの神髄が味わえるようです。

グレート・ジンバブエはとても美しい廃墟だそうです。人々がいかにこの街を愛し、神を奉じ、自然を敬っていたか、その景色を眺めているだけで実感できるとか。 

その名の通り、偉大な景色と空間を味わえそうですよね。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪