カテゴリー: アメリカ

ハワイに宿る霊力「マナ」と「マナの宿るパワースポット」

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

ハワイはリゾート地としてとっても有名ですよね。そんなリゾート地として楽しむだけでなく、ハワイには多くのパワースポットも存在します。

今回はそんなハワイに宿る霊力「マナ」と「マナの宿るパワースポット」のひとつをご紹介

ハワイの太陽はいて座、月はさそり座に位置しています。あなたとこの土地の相性があうかはここをクリック

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がいて座なら、占星術では神の申し子といわれ、運があなたを守ってくれていると言われています。そのため朗らかで活気あふれた気質の傾向があり、暗い気持ちのおそわれてもすぐに忘れてしまいます。

またあなたの月がさそり座ならとてもスピリチュアルで激しい感情が行動を動かすタイプ。さそり座の月は一番難しい月であり自分の本当のフィーリングを隠す事に長けている。

==========

ハワイ ケアイヴァヘイアウ

今からおよそ、1300年前、はるか南方のマーケイサス諸島から、最初にハワイ諸島にたどり着きました。
それから500年ほどすると、タヒチからも新天地を求めてハワイ諸島に到着。

これらの人々が、後にハワイアンと呼ばれるようになりました。

これらの先住民たちは、以来18世紀後半に西洋文化が進入するまで、隔離されたまま独特のユニークな文化を築き上げてきたのです。

厳しい自然の条件下で暮らすハワイアンたちは、天候から部族間の戦まで、あらゆる自然の中に生存に関わるできごとを支配する神がいると信じ、崇拝を深めるようになりました。

そんな中で、人間と神々との媒介と位置付けられたのが、「マナ」(霊力または霊魂)と呼ばれるものです。

マナは人間の知的、物理的能力を超える自然の力で、昔からハワイ諸島のあらゆる場所に宿り、パワースポットとは、切っても切れない関係を保っているのです。

ありきたりの観光コースを少しはずれると、そこには今も、「マナ」が支配する空間があります。

この「マナ」が宿っていると言われるハワイのパワースポットのひとつにオアフ島にある「ケアイヴァ・ヘイアウ」があります。

パールハーバーを見下ろすアイエア丘は、海抜350メートル。アイエア・ハイツ通りを上り詰めた州立公園に、ケアイヴァ・ヘイアウはあります。

ヘイアウはそれぞれ、独自の目的をもっており、ケアイヴァ・ヘイアウは、一般社会の精神的・肉体的健康の管理を司るカフナ・ラバアウ(薬草を扱う神官)を養成する場所でした。

ケアイヴァ・ヘイアウは今風にいえば、オアフ島各地から集まった生徒たちの「医学校」だったと言えます。

ヘイアウのまわりには薬草が栽培されていて、長老から、薬草の知識・ヒーリングに必要なチャント(呪文)を学んだり、この地のマナから霊的なパワーを吸収することに日夜を費やしていました。

この地は秘密があまりにも厳しく守られていたため、認識も比較的遅く、詳細は今でもあきらかではないといいますが、現在ではオリジナルの形に復元され、昔の面影を取り戻して、静かにたたずんでいます。

ありきたりの観光コースを少しはずれると、そこには今も、「マナ」が支配する空間があります。
ハワイにはこうした神秘的な場所がたくさん存在しているので癒されるのでしょうね。

★★あなたとこの土地の相性の見方はここをクリックしてご覧ください
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

モアイ像のあるイースター島(チリ)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

今回はモアイ像で有名なイースター島(チリ)をご紹介

チリの太陽はおとめ座、月はふたご座に位置しています。

あなたとチリの相性があうかはココをクリック

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がおとめ座なら支配性の水星のナーバスエネルギーは同じ水星支配のふたご座が活気づけたり冒険心を鼓舞したりするのに対し、おとめ座はパーフェクトに到達しようとする方向へと向けられています。

またあなたの月がふたご座ならふたご座はメンタルのサインなので感情的ではなく知識的な素早い決定ができます。頭の回転が速く、コミュニケーションがうまいという才能を持っています。

==========

イースター島(チリ)

イースター島

イースター島は呼び名がいくつか変化しています。最も古い呼び名は「テ・ピト・オ・テ・ヘヌア」。これは”世界のへそ”という意味。

1860年代には、タヒチの水夫たちから、”偉大なる島”という意味で「ラパヌイ」と呼ばれていました。

この島の象徴とも言うべきモアイ像は、1000~1650年頃の間に造られたと考えられており、かつては、数百体もの数がアフ(石の台)の上に立っていたそうです。

これらの像は単なる像ではなく、聖なるスピリットが宿る聖所だったと思われます。

当時のモアイには目がはめ込まれていたことがわかっており、”目”を持ったモアイは「マナ」という霊力を持つようになると考えられていました。

イースター島内で起こった2つの部族による内戦で、多くのモアイが倒されてしまいましたが、それは霊力を持つ目を破壊するためだったと言われています。

平均すると高さ約3.5メートル、重量20トンのこれらモアイ像が並ぶイースター島は圧巻ですね。

★ここチリは西洋占星術の上でのホロスコープを見ると、太陽はおとめ座・月はふたご座となっています★

★★あなたとこの土地の相性の見方はここをクリック
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪
Continue reading “モアイ像のあるイースター島(チリ)”