カテゴリー: アメリカ

「季節ごとにまったく異なる光景”ヨセミテ国立公園”」(アメリカ)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「季節ごとにまったく異なる光景”ヨセミテ国立公園”」(アメリカ)をご紹介

アメリカ・カリフォルニアの太陽はおとめ座、月はさそり座に位置しています。

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がおとめ座なら、智恵を増やしたいと思いそしてその智恵を実際的なものへと置き換えることができます。

またあなたの月がさそり座なら、自分では気づかないかもしれないが、異性にとってとても魅力的。他人を完全に信用することが苦手で、時間がかかります。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

=========

●「季節ごとにまったく異なる光景”ヨセミテ国立公園”」(アメリカ)

2万年ほど前まで続いた氷河期氷期、分厚い氷河に覆われていたアメリカ「ヨセミテ国立公園」

米国カリフォルニア州の中東部・シエラネバダ山脈西側に広がる自然公園。1984年にユネスコにより世界遺産に登録されました。

シエラネバダ山脈の中心部にある深さ1000m、幅1600m、長さは11kmの谷、ヨセミテ・バレーを中心に、花崗岩として世界最大の一枚岩エルキャピタンや、アメリカ最大の落差を誇るヨセミテ滝など、ダイナミックな自然景観に溢れた国立公園です。

美しい自然景観だけでなく、人間の手が加えられていない多様な植物・動物の生態系が残されていることが、世界遺産登録の大きな理由になりました。これはジョン・ミューアを先達とする自然保護運動にかかわってきた多くの人々の努力によるものです。

公園内の見どころはヨセミテ・バレー付近に集まっています。夏の間は無料のシャトルバスが運行しているので効率よく主要なビューポイントを回ることができますが、ヨセミテ国立公園の素晴らしさを体感するには、トレッキングがお勧めとのこと。

また、マーセド川でのラフティングやカリービレッジで自転車をレンタルし、20km に広がる整備されたコースをサイクリングで回ることもできますし、乗馬を楽しみながら園内を回ることもできます。ハイライトのひとつであるグレイシャー・ポイントは、ツアーバスを利用します。

季節ごとにまったく異なる光景もヨセミテの魅力のひとつ。年間350万人もの観光客が訪れていますが、1度ここを訪れれば、人々が何度もここに戻ってくる理由がきっと理解できるはずです。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪


「氷河を南米で”ロス・グラシアレス国立公園”」(アルゼンチン)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「氷河を南米で”ロス・グラシアレス国立公園”」(アルゼンチン)をご紹介

アルゼンチンの太陽はふたご座、月はうお座に位置しています。

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がふたご座なら、二重性が一番の特性。これはなんにでもいえ、仕事・趣味・キャリア・恋人などすべてにひとつ以上欲しがります。

またあなたの月がうお座なら、生来の人間の内面に対する理解力と感性がある。アーティスティックなものを好み、アクティング・ライティング・ペインティング関連に興味を抱きます。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

=========

「氷河を南米で”ロス・グラシアレス国立公園”」(アルゼンチン)

アルゼンチン氷河2

南米大陸の南緯40度以南の地、パタゴニア。その南部にアルゼンチンの世界自然遺産、スペイン語で「氷河」を意味する「ロス・グラシアレス国立公園」があります。

ここは、南極・グリーンランドに次ぐ世界第3の大きさの氷河群があります。

総面積は60万ヘクタールで、山梨県がすっぽりおさまる公園内には365もの氷河があり、これらの氷河群は南極大陸、グリーンランドに次いで世界第3位の規模だそう。

南アメリカに氷河って何だか意外!って思いませんか?

アンデス山脈の南端に位置するため、太平洋の湿気を含んだ風がアンデスの山々にぶつかり、大量の雪を降らせ、積もった雪が圧力で氷結し氷河を形成するそうです。

アルゼンチン氷河3

ロス・グラシアレスは47もの氷河群を擁し、空気をほとんど含まない透明な氷は青い光だけを反射してほかの色を吸収します。そのためロス・グラシアレス特有の美しい青い氷河になるそうです。

なかでもアルヘンティーノ湖に流れ込むペリト・モレノ氷河は、中央部で1日に約2mも移動し、「生きている氷河」と呼ばれるほど非常に活発な氷河。

先端部で轟音とともに崩壊し湖になだれ込み、やがて水蒸気となり、雪となって舞い降り、再び氷河を形成していくそう。

ペリト・モレノ氷河の氷は気泡が少なく、透明度が高いため、青い光だけを反射し、氷河トレッキングやクルーズで間近に見ると、神秘的なブルーの輝きを放ちます。

12月から3月の夏の間は、氷河が崩落する瞬間に立ち合えることもあるそう。

気温が上がる夏には、ビルほどの高さの氷のかたまりが、大きな音とともに一気に湖に崩れ落ちるところが見られるんですねぇ~壮大でしょうねヽ(*’0’*)ツ

日本とは逆でこれからが夏のアルゼンチン。数万年の長い旅路を終えた氷河を見ながら、氷河入りウイスキーで乾杯! なんてのも粋ってものかもしれませんねぇ。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪