カテゴリー: オーストラリア

「天国に一番近い島」(ニューカレドニア)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「天国に一番近い島」(ニューカレドニア)をご紹介

ニューカレドニアの太陽はてんびん座、月はふたご座に位置しています。

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がてんびん座なら、すばらしいリスナーであり、人をどう扱うかを本能的に知っており他人の感情を大切にできます。

またあなたの月がふたご座なら、興味がすぐに失せ、新しい事に夢中になってしまうが、変化・旅・違う種類の人ととの関わり合いによって成長していくことができます。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

=========

●天国に一番近い島「ニューカレドニア」

new caledonia-3

ニューカレドニアはフランスの海外領土で、オーストラリアの東1,200kmに位置するメラネシアの島なので、そばにはトンガやフィジーなどの島があります。

もともとオーストラリアと同じゴンドワナ大陸の一部でしたが、約1億年前にオーストラリアと、5,000万年前にニュージーランドとに分かれた島なのです。

本島のグランド・テ-ル島と周囲の島々からなっています。

その島々を取り巻くニューカレドニア・バリア・リーフは長さ1,500kmにも及び、ゴンドワナ時代の名残りを残す固有種や、サンゴ礁に暮らす多種の動植物、それらを支える豊かな生態系を特徴としています。

ニューカレドニアは亜熱帯気候に属し、年間平均気温24℃前後で初夏のさわやかさが1年中続くという大変すごしやすいところです。

そして、ニューカレドニアの最大の魅力はビーチの美しさ。広大なラグーン(サンゴ礁や島々に囲まれた地域)をひとつひとつ訪ねて旅しても、飽きることはありません。

中でも人気なのが”イル・デ・パン”という島で、南太平洋の宝石箱とたとえられるイル・デ・パンは、あらゆる旅人を魅惑する島と言われ、言葉では表現しつくせない海の美しさをたたえています。

またウベア島も 『天国にいちばん近い島』のまさに舞台となった、永遠の楽園を思わせる白砂の島です。いわゆる観光ポイントがあるのではなく、ひたすら壮大な自然が美しい島で、その神秘的な美しさを前にすれば、誰でも敬虔な思いを抱くだろうと言われています。

new caledonia-2

ダイビングやスノーケリングなどのマリン・スポーツももちろん、たっぷり味わえます。

フランス領でもあることから、古くから高級リゾートとして知られており、高級ホテルや水上コテージもたくさんあって、思う存分南国気分が味わえます。

また、ニューカレドニアの料理の魅力は、フランス領であることから、フランス料理の繊細な味付けとニューカレドニア産の豊富な食材の味わいが絶妙にミックスしていることだそう。

新鮮なシーフードのフレンチ風の料理にフランス・ワインなんていいですね~

NHK「朝の連続テレビ小説」『あしたこそ』として放映され、1984年には大林宣彦監督、原田知世主演で映画化された、森村桂の旅行記『天国にいちばん近い島』の舞台となったニューカレドニア。

やっぱり本当に天国にいちばん近い島なのかも?!

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「最高峰と氷河に覆われた”マウント・クック国立公園”」

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「最高峰と氷河に覆われた”マウント・クック国立公園”」(ニュージーランド)をご紹介

ニュージーランドの太陽はかに座、月はいて座に位置しています。

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がかに座なら、すべての事にセキュリティーをモットーとしているが新しい冒険も好きで勇気あるイニシエーターとして自分の道を突き進むところも持っています。

またあなたの月がいて座なら、きらめきと明るさを与え、月の受け身の状態passivityがなくなる。月がいて座の人は鋭い洞察力と回転の良さを持ちすぐに物事を見極める事が出来ます。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

==========

アオラキ/マウント・クック国立公園(ニュージーランド)

マウント・クック1

アオラキ/マウント・クック国立公園は、総面積の40%が氷河に覆われています。

また、ニュージーランドにある20の3000mを超える山のうち、アスパイアリング山を除く19の山がこの公園に位置しています。

中でも、マオリ語でアオラキ(アオラキは先住民から「雲を突き抜ける山」という意味から由来)と呼ばれるマウント・クックはニュージーランドの最高峰で、エドモンド・ヒラリー卿が人類初のエベレスト山登頂を成し遂げる前に登山技術を磨いた場所としても知られています。

南島のマオリの部族、ナイ・タフ族に伝わる昔話によると、アオラキは空の神ラキヌイの息子。彼には3人の兄弟がいました。

ある日、アオラキと兄弟たちが海を渡っていたところ、カヌーが礁に乗り上げ、転覆してしまいました。カヌーの上によじ上った彼らに凍りつくような南風が吹きつけ、彼らを石に変えてしまったのです。

そのカヌーが南島となり、アオラキとその兄弟はサザンアルプスの山々となってしまったのです。

その昔話から、南島はマオリ語で「テ・ワカ・オ・アオラキ(Te Waka O Aoraki:アオラキのカヌー)」と呼ばれ、最も高い山マウント・クックは「アオラキ」と呼ばれているということです。

登山家の間では、オセアニア地域で一番の登山地域といわれるアオラキ/マウントクック国立公園ですが、ベテラン登山家でなければ登れないような険しい道ばかりではなく、湖の数々はもちろん、ハーブや高山植物の咲く草原、目を見張るような氷河の眺めなどが気軽に楽しめる登山道も整備されているそう。

マウントクック2

タスマン氷河は全長27kmの巨大な「動く大地」。少しずつ谷間の岩肌を削り取りながらゆっくりと動いています。ここを滑走路として、スキープレーン(スキーのついた小型飛行機)やヘリコプターなどが離着陸することもできます。

公園を美しく彩る湖には、氷河が岩肌から削り取った成分が水底に沈殿しているため、独特のミルキーブルーの色をしています。

氷河の上に降り立って山々の雄大な景色を見降ろしたら、天女にでもなったような気分でしょうね。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪