カテゴリー: ヨーロッパ

今でも王族が過ごす離宮”ウィンザー城”

さて、今回は今でも王族が週末や休日を過ごす離宮”ウィンザー城”(イギリス)をご紹介

★★年末・年始鑑定料金・半額キャンペーン実施中・詳しくはここをクリック

イギリスの太陽はやぎ座、月はかに座に位置しています。

英国王室最古のお城”ウィンザー城”は 今から約900年前に築城された古城で、エリザベス女王が週末を過ごす居城として知られています。

エリザベス女王の滞在期間中は、城内にそびえる砦「ラウンドタワー」の頂上に王室の旗が掲げられ、 不在時には国旗(ユニオンジャック)が立っています。

また、1999年にはエドワード王子が結婚式を挙げた場所として。2012年にロンドンオリンピックが開催された際には、カヌーやボートの競技が行われた場所として大変にぎわいました。

ウィンザー城の中心にある丘にそびえるように立つ砦が、この「ラウンド・タワー」 です。

1920年から制作が始まり、1924年に完成したドールハウス。ジョージ5世の王妃である、クイーンメアリーに贈られたミニチュアハウスです。 12分の1のこの家を作るために、1500人もの職人が3年を費やしたといいます。

ラウンド・タワーの西側に広がるエリア「ロウアー・ウォード(Lower Ward)」にある教会 が”聖ジョージ礼拝堂。

エドワード4世からヘンリー8世の時代にかけて、約半世紀の月日を経て完成しました。 美しいステンドグラスや扇型をした丸天井など、繊細な装飾が大変人気で、後期ゴシック建築の傑作としても知られています 。

そして、 様々な儀式が執り行われる庭「アッパーウォード(upper ward)」の向かいにある公式諸官 のステート・アパートメント

現在も実際に英国王室が利用している居住エリアとなっていて、女王が不在の時だけ一般公開されていますが、館内は豪華絢爛です。

ウィンザー城正門内の広場で行われる近衛兵の交替式は 4月〜7月の夏季は日曜を除く毎日、それ以外の冬季は月・水・金・土、11時から約45分間 。変更もあるので要確認)で、あのバッキンガム宮殿で行われるものと同様にステキです。

英国王室最古であり、現在も使われている豪華なお城・ウィンザー城やっぱりステキですね。

運気アップしたいなら・アストロマップ鑑定・実施中

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

ウィーンのクリスマスマーケット(オーストリア)

さて、 今回はウィーンのクリスマスマーケット(オーストリア)をご紹介

★★年末・年始鑑定料金・半額キャンペーン実施中・詳しくはここをクリック

オーストリアの太陽はしし座、月はしし座に位置しています。

オーストリアのウィーンではクリスマスマーケットが市内で20個以上開催されています。

最も規模が大きく、人気が高いのは市庁舎前のマーケット。その他にも、ハプスブルク家の宮殿を背景にした夢のように美しいマーケットや、アットホームな雰囲気が地元民に人気な地区など、それぞれの個性が光り、どこを訪れても素敵な体験ができます。

ウィーン最大規模で、観光客だけでなく地元の人たちにも人気なのがウィーン市庁舎前のマーケット。毎年オーストリア国内から厳選されて運ばれてくる、巨大なモミの木のツリーは圧巻です。

またハプスブルク家の夏の離宮シェーンブルン宮殿の前で開かれるクリスマスマーケットは、荘厳な美しさが印象的

クリスマスマーケットと言えば、ホットワイン。クローブやシナモンなどのハーブや、柑橘系のフルーツを入れたワインを温め、味や風味を染み込ませます。

また、可愛い形とデコレーションが目を引くレープクーヘン。大きな星やクリスマスツリー、ハートなどさまざまな形に、アイシングで「メリー・クリスマス」などのメッセージが書いてあります

その他ウィーンの観光地の起点となるシュテファン広場や 美術史美術館と自然史博物館にはさまれているマリア・テレジア広場 、 クリムトの「キス」を所蔵する美術館、ベルヴェデーレ宮殿 など見どころいっぱいの場所にクリスマスマーケット。

これは見逃せませんよね♪

運気アップしたいなら・アストロマップ鑑定・実施中

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪