カテゴリー: ヨーロッパ

「 音楽の楽園”イビサ島”」(スペイン)

さて、今回は「 音楽の楽園”イビサ島”」(スペイン)をご紹介

スペインの太陽はてんびん座、月はしし座に位置しています。

イビサが世界中から注目されるのは戦後、この島がヨーロッパのヒッピー文化の中心となってからです。

やがて1980年代終わりに、この島で息づいていたバレアリックと呼ばれる独特の自由なダンス音楽スタイルとそのクラブシーンの享楽的な雰囲気を、当時英国で盛り上がっていたセカンド・サマー・オブ・ラブ世代のDJ達とプロモーターが発見したことにより、イビサ島は英国の若者たちのパーティー・アイランドとして爆発的な発展を遂げることになります。

1990年代を通してヨーロッパのクラブ文化、ダンス音楽の中心部として君臨し、最新の音楽流行を求めて世界中からクラバーたちが押し寄せる若者文化の中心地となります。

その後、イビサ島のクラブの巨大化、陳腐化と客層の低年齢化により、以前のような先鋭的な音楽シーンは姿を消したものの、依然として欧州の若者達の夏の最もポピュラーな目的地です。

★ビーチでシエスタ(お昼寝)をして、夜ごと様々なパーティーに出掛けるなどして、ナイトライフを楽しむのもよし。

★イビサは、別名マジカル・アイランドと呼ばれる通りに、人を解放してくれる自由なエネルギーがあります。

★イビサの近くに、ヴェドラという小さな島があり、そこには、島を護る女神が住むと言われています。ここは、一番のおススメ・パワースポットです。

イビサ島は1999年にユネスコの世界遺産に登録されました。スペインの世界遺産のうち2件目の複合遺産です。

有名なクラブが多くあり、特に夏の間は世界中の有名DJがプレイするため、ポピュラーな観光地となっています。また、その美しい海と砂浜も多くの人々を惹き付けています。

島の西海岸にあるバー、”カフェ・デル・マー”は、その美しい日没の風景とバーのDJが掛ける独特の音楽のために、世界で最も有名なバーの1つとして知られているそう・・・

真夏の太陽の下こんなバーでいい音楽を聞きながらゆったりしたら、もう気分は天国:♪

運気アップしたいならパワースポットへ行け。詳しくはこちら:

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「心霊スポットとして有名なエディンバラ城」(スコットランド)

さて、今回は「 心霊スポットとして有名なエディンバラ城」(スコットランド)をご紹介

スコットランドの太陽はふたご座、月はおうし座に位置しています。

スコットランドの東岸に位置するエディンバラは、スコットランドではグラスゴーに次ぐ大都市。

スコットランド議会がある都市のため、スコットランドの政治的な中心地とされますが、世界遺産にも登録され観光地としてもイギリス国内でも人気があります。

その中でもエディンバラ城は最も人気の高い観光スポットとなっています 。

そして エディンバラ城はスコットランドのエディンバラにある砦で、ヨーロッパ有数の心霊スポットでもあります。

何度も戦火に襲われたこの城には多くの霊の魂がさまよっているとされ、城のいたるところで死者のうめき声が聞こえたり、突然ものが動き出す「ポルターガイスト現象」が頻発したりするそう。


特に城の独房、大砲付近などでは霊の目撃証言が多数あるそうです

エディンバラ城のみならずエディンバラという街そのものが「ゴーストタウン」として知られており、ゴーストツアーという霊現象と出会うためのツアーも多数組まれています。

メインのエディンバラ城はもちろん、地元民しか知らないような心霊スポットなども紹介してくれるそうなので、オカルトマニアはエディンバラで滞在するべきスポットですね。

運気アップしたいならパワースポットへ行け。詳しくはこちら:

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪