カテゴリー: 新月・満月のリズム

本日のみずがめ座の新月にふさわしい事

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

本日2月16日(06:05)はみずがめ座の新月ですね。

新月とはその名の通り、何か新しいことが始まることを暗示しています。計画を立てたり、新しいことに挑戦したり、新しい方法で物事に取り組んだりするのに適した時期です。

もちろん願い事をかなえるのにも最もふさわしい期間です。新たな誓いを立てて実行しましょう。

さて、今回の新月はみずがめ座の新月ですが、この新月は私たちに、個人の利益優先ではなく、もっとグローバルな視野にたって物事を行う力を授けます。

いつものように、みずがめ座の新月にする願い事の例と、このときによりスムーズにことが運ぶ行動例をあげますので参考にしてみてくださいね。

●人間関係
・私に刺激を与えてくれる友達と出会わせてください
・友達と一緒に、今までやったことがないことをやってみる

●仕事
・すばらしいアイデアがひらめきますように
・能率を高めるためにできることを同僚と話し合い、実行に移す

●人生・生活
・人生がガラリと変わるきっかけを与えてください
・あらかじめ予定を決めずに行動する

●恋愛
・それぞれの世界を大事にしながらつきあっていける関係を築きたい
・遊びの計画に好きな人をさそう

●健康
・健康に悪い生活習慣を断ち切りたい
・自分なりの健康法を独自に編み出してみる

●趣味・娯楽・学問
・興味を感じたら、即、行動を起こせる自分でありたい
・今まで行ったことがない、やったことがないレジャーを楽しむ
====
あなたのやりたいことが、ひいては人類にとって利益となるかを、みずがめ座の新月はふるいにかけます。

共通のテーマや目的を持つ人々とネットワークを築くチャンスです。大いなる理想に向けて第一歩を踏み出してくださいね~
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「めずらしい満月のない2月」そして「本日はボイドタイムがあります」

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

今月は満月がないってご存知でしたか?

月は新月から新月まで29.5日かかります。なので、ひと月が28日(うるう年は29日)しかない2月は月の周期29.5日に満たないわけです。

ではいつも2月は満月がないのか?と言えば、そうではありません。

過去30年間で、日本で満月が見られない2月は、1991年・2010年・2018年の3回だけ。

次に満月がない2月は2029年・2037年なので満月のない2月は50年間に5回しかないのです。とてもめずらしいケースなのですよね。

その代わり、今年は1月と3月に2回満月があります。ブルームーンが2回見られるのですね。このブルームーンを見ると良い事があると言われているので来月また期待しましょうね。

void moon-1

そして、本日2月13日14:43から明日00:11までは「ボイドタイム」となります。

ボイドタイムとは?

これはボイド占星学の中で言われることで、月の動きから解明された”魔の時間帯”とも呼ばれています。

この時間帯には新しい物事のスタートは避けた方が無難。

★ボイドタイムに避けた方がいい行動は:

●新しいことのスタート
店舗開店、プロジェクト、就職、投資、旅行の予約
セミナー、銀行口座、受験願書提出など

●初対面のひととの出会い
就職面接、接客、パーティーなどで
初めてあった人に
第一印象に誤解が生じやすくなります。

●高価な買い物
不動産、車、宝石、美術品、ブランド品に
限らず、家具などの購入も含まれます。

●判断を要する仕事や事柄
アーティストは絵の具の色、
プロジェクトの事業計画、デザインの決定など

★ボイドタイムに向いた行動は:

○手慣れた仕事や整理整頓
○プロジェクトや原稿などのリビュー
○睡眠・リラックス
○判断が必要でない買い物
○長距離旅行(時間が短く感じる)

となります。

ボイドタイムに入る今日の午後からはゆっくり過ごす、または、案をじっくり計画し、実行するのは明日以降にしましょう。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪