カテゴリー: 月の星座とあなたの性格

「月はみずがめ座」そして「いこいの杜にある縁結びの”伊豆美神社”」

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

本日は「いこいの杜にある縁結びの”伊豆美神社”」(東京都)をご紹介:

まずは、月の星座をカレンダーで見ると、本日10月17日08:35から、月はみずがめ座に位置しています。

月が水瓶座に入っている時は、知識欲が湧き、同じ趣味・志向を持った人との交流を必要としたくなります。

それとともに自由を求める気持ちと独立心が強くなり、自分の”物差し”を確立したくなります。
そのための読書や勉強に励むのにもいい時でしょう。

でも活動は従属や規律を必要とする事が多くなり、特に仕事はうんざりさせられる事がますます増えてしまいそう。

ちなみに太陽がみずがめ座の人は、この時期(10/17~10/19)はパーソナル・パワー・デ-となり、周囲からの影響をより受けやすくなり良い変化を受け取れる時です。ポジティブに物事をとらえれば、運気アップにつながります。

占星術と数秘術がいっぺんに学べるレッスン。詳しくはこちら:

=========

「いこいの杜にある縁結びの”伊豆美神社”(東京都)

izumi jinjya

東京・狛江市のいこいの杜にある「伊豆美神社」

ケヤキ・イチョウ・クスノキなどの大木が生い茂る杜の中にある伊豆美神社は、約1100年前の平安時代、府中の「六所宮(大国魂神社)」の分霊を祀ったのが始まりとされています。

明治時代に入り、地名の「和泉」にちなみ、社号が伊豆美神社になりました。

御祭神が男女の縁を結ぶ大国主命(おおくにぬしのみこと)ということで、古くから縁結びの神として地元の人たちから、信仰を集めています。

現在も、恋愛運・愛情運が高まる神社として、良縁に恵まれたいと願う人が多く訪れます。

多摩川に近く、散歩がてらに気軽に立ち寄れる癒しの空間。静かに恋愛成就を願うことができます。

占星術と数秘術がいっぺんに学べるレッスン。詳しくはこちら:

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「月はやぎ座」そして「東京の地を守る”四神不動尊”」

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

本日は「東京の地を守る”四神不動尊”」(東京都)をご紹介:

まずは、月の星座をカレンダーで見ると、本日10月14日20:16から、月はやぎ座に位置しています。

月がやぎ座に入っているときは、物質的で実利的なものに意欲がわき、また、責任感が強くなるときです。

仕事や義務に目覚め、金銭的な安定や地位を求めて勤勉になります。

野心的になれるときでもあります。

他人に厳しすぎること、計算高くなることなどに気をつけましょう。

ちなみに太陽がやぎ座の人は、この時期(10/14~10/16)はパーソナル・パワー・デ-となり、周囲からの影響をより受けやすくなり良い変化を受け取れる時です。ポジティブに物事をとらえれば、運気アップにつながります。

占星術と数秘術がいっぺんに学べるレッスン。詳しくはこちら:

=========

●四神不動尊(東京都)

中国で生まれた風水は、古くから国造りに用いられ、京都の平安京も、風水の四神思想からつくられたといわれています。

四神とは、青龍、朱雀、白虎、玄武の方位を守る神様。

東に青龍、南に朱雀、西に白虎、北に玄武の守護神が宿る「四神相応の地」は、国や城づくりに最もよいとされました。

徳川家康のブレーンといわれた天海僧正も、江戸を守るために「四神相応の地」の考えに従い、東西南北の四方位に、青龍、朱雀、白虎、玄武の守り神を配置するよう、アドバイスしたといいます。

その後、家康の遺志を継いで、家光により配されたのが、「江戸の四神不動尊」です。

目青不動尊(最勝寺教学院) 東京都世田谷区

meao fudo

目赤不動尊(南谷寺) 東京都文京区

meaka fudo

目白不動尊(金乗院)東京都豊島区

mejiro fudo

目黒不動尊(瀧泉寺)東京都目黒区

ryusenji

それぞれ、青龍神の青、朱雀神の赤、白虎神の白、玄武神の黒と、四神の守護神が化身するときの色に託しています。

守護神は、今も東京の地を見守っているので、東京に住んでいる人は、しっかりお参りしたいものですよね。

占星術と数秘術がいっぺんに学べるレッスン。詳しくはこちら:

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪