カテゴリー: 運気アップのために

初詣の参拝方法

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

今年も今日でおしまい。みなさん今年も大変お世話になりました。

昨日ちょっと不思議な事が・・

母が子供の頃からの知人から突然電話が。「もしもしまぁ~ちゃん?(母の子供の頃の愛称)」と言うので「母は亡くなりましたが・・」と言ったのですが、無言。その後すぐ娘さんが電話を代わられて事情を話すと、とてもびっくりされてました。

母も生前「おばさんはどうしてるかね~」と気にかけていたのですが、きっとその知人も天国にいる母から何か虫の知らせがあったのでしょうね。めったに電話などかけて来ない知人からの電話でした。

その知人は耳が少し遠いようなのですが、98歳でまだまだお元気だそうです。やっぱり、うらやましいな~と思いました。

=======

さて、新年になり、お正月に皆さんが最初にすることと言えば・・初詣ですよね。

皆さんは初詣はいつ行かれます?

大晦日の夜に家族全員で神社へ・・・そして、日付が変わった直後に詣でる人がいますが、実はこれ、間違いなんです。

神様の準備ができるのは日の出の後で、夜はまだ大みそかの続きなんです。

今日は初詣の作法についてご紹介します:

まず、1月1日の朝、起きて身だしなみを整えたら、心を落ちつけて「今年の目標」を紙に書き出してください。

この時注意するのは、「自分の願い事」を書くこと。

家族のことはOKですが、他人についてはダメ。

「平和でありますように」など漠然とした願いではなく、できる限り具体的に。

自分が何をどのようにしたいのか、自分ができることの範囲でお願いすること

そして、の出後に初詣に出かけてください。また、神様に失礼のないように、服装にも気をつけてください。ジャージなど、カジュアルすぎる格好はNG.

鳥居をくぐればもう神様のお住まいなので大声でガヤガヤ騒がないように。

神様の前に出たら、先ほど書いたものを取り出し、声に出して読み上げます。

頭の中で繰り返すよりも、神様の耳に届きやすくなります。

小さな声でいいのですが、「どうしても恥ずかしい」という人は脇に寄るか、早朝にお参りすると、やりやすいでしょう。

お賽銭を入れる時は、上からでなく、下手投げで

参拝は二礼、二拍手、一拝で行ってください(これは場所による異なる場合あり)

おみくじは持ち帰る?

おみくじを引いて、例えばそれが「大凶」や「凶」だった場合、利き手とは逆の手で木の枝におみくじを結ぶ事が出来れば、困難を克服する事により凶から吉へ厄が転じると言われているようです。

では、木に結ばれているおみくじ全てが凶かと言うと、実は吉や大吉を結んで帰る方もいます。

これは神社の木には精霊が宿るとされ、願い事が叶うようにという願掛けの意味でよいおみくじを結ぶようです。

また、「よいおみくじはいつも持ち歩けるように持って帰るけど、悪いおみくじは厄を持ち歩かないように木に結んで帰る」という人もおり、要は自分次第なのだそうです。

終えてもまだ初詣は続いています。

繁華街にくりだすことはせずに、まっすぐに家に向かい、神様にいただいた力を持ち帰ることが大切です。

そして、正月三が日の間は怒ったり、ネガティブな言葉を言わないこと。

にこやかに、ゆったりと落ち着いた気分で過ごしましょう。

初詣は運気を得ると同時に自身を見つめるきっかけにもなります。

来年も皆様にとって良い年でありますように。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

強運を手に入れる3つの秘策

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

数日間のお休みをいただき申し訳ございませんでした。また皆様からの母へのお悔やみのお言葉ありがとうございます。

葬儀の際にご住職よりいただいたしおりのなかに「愛する人、親しい人との別離ほど悲しく寂しいことはありませんが、どれほど辛くても亡き人の死を”最後の贈り物”として受けとめ真実の教えにふれる縁とすることが願われている」とありました。

母の死は辛く悲しいものですが、「最後の贈り物」としてしっかり受けとめ、私が元気に前進していくことが何よりの供養なのではないかと思います。

これから更に仕事にプライベートにと活躍していこうと思っていますので今後ともよろしくお願いします。

―――――

leo moon-2

さて、本日12月07日05:37から、月はしし座に入っています。

しし座が月に入っている時は、他人からの注目を浴びたいという衝動に駆られ、気持ちは前向きで快活となります。

自分自身の内面を表現し、アピールして快活に行動していきましょう。ただし、細かいニュアンスなど細部にわたる部分に気がつくことができなくなっているので注意しましょう。

ちなみに太陽がしし座の人は、この時(12/07~12/08)はパーソナル・パワー・デ-となり、周囲からの影響をより受けやすくなり良い変化を受け取れる時です。ポジティブに物事をとらえれば、運気アップにつながります。

しし座の人は自分のキングダム(個人が君臨する分野)」を持っています。それは大きくても小さくても家庭・恋人・仕事・キャリアなどそれぞれどんな分野であれ自分がそこの統治者となります。

太陽が支配星なのでいつも他人にサンシャインをもたらし、これが一番に人を引き付ける魅力です。ただし、パブリックイメージを大切と考えています。だからお金がなくてもゴージャスな買い物をしたり高いレストランにはいったりとかします。しし座は星座の中で一番の浪費家(てんびん座が次)なのでご注意を。

――――――

さて、私も母の死を無駄にしないよう、来年は更に発展していきたいと思っています。

そのためには運も見方につけたいと・・・これは誰もがそう願っていますよね。

実は誰もが強運を手に入れる可能性を秘めています。ただそれに気づかずに見過ごしてしまう事が多いのです。

強運を手に入れる3つの大前提がありますが、今日はそれについてご紹介:

①自分で運を開く
運を開くというのはチャンスを求める気持ちです。
今自分がどうしたいのかどうなりたいのかをはっきりイメージし、その目的のために何らかのアクションを起こす事。
人と会うのもいいし、雑誌などから情報を集めるのもいいですよね。

②自分で運を招く
チャンスに出会ったら勇気を持ってそこに飛び込む事。
未知の地に足を踏み入れることで運を本格的に招きいれることができます。

③自分で運を生かす
つくったつながりを持続させ、今度は自分の可能性をそこに生かす努力をする。
最初はダメだったとしてもあきらめずに次のチャンスを見つけること。
疲れたら休めばいいんです。

運の3原則を生かすにはやはり神様まかせ・運まかせではなく、自分自身の気持ちと行動力が大切なのかもしれませんね。でもだれにでも可能なことばかり。強運を手にいれる事は誰にでもできそう。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪