タグ: アメリカ

「氷河を南米で”ロス・グラシアレス国立公園”」(アルゼンチン)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「氷河を南米で”ロス・グラシアレス国立公園”」(アルゼンチン)をご紹介

アルゼンチンの太陽はふたご座、月はうお座に位置しています。

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がふたご座なら、二重性が一番の特性。これはなんにでもいえ、仕事・趣味・キャリア・恋人などすべてにひとつ以上欲しがります。

またあなたの月がうお座なら、生来の人間の内面に対する理解力と感性がある。アーティスティックなものを好み、アクティング・ライティング・ペインティング関連に興味を抱きます。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

=========

「氷河を南米で”ロス・グラシアレス国立公園”」(アルゼンチン)

アルゼンチン氷河2

南米大陸の南緯40度以南の地、パタゴニア。その南部にアルゼンチンの世界自然遺産、スペイン語で「氷河」を意味する「ロス・グラシアレス国立公園」があります。

ここは、南極・グリーンランドに次ぐ世界第3の大きさの氷河群があります。

総面積は60万ヘクタールで、山梨県がすっぽりおさまる公園内には365もの氷河があり、これらの氷河群は南極大陸、グリーンランドに次いで世界第3位の規模だそう。

南アメリカに氷河って何だか意外!って思いませんか?

アンデス山脈の南端に位置するため、太平洋の湿気を含んだ風がアンデスの山々にぶつかり、大量の雪を降らせ、積もった雪が圧力で氷結し氷河を形成するそうです。

アルゼンチン氷河3

ロス・グラシアレスは47もの氷河群を擁し、空気をほとんど含まない透明な氷は青い光だけを反射してほかの色を吸収します。そのためロス・グラシアレス特有の美しい青い氷河になるそうです。

なかでもアルヘンティーノ湖に流れ込むペリト・モレノ氷河は、中央部で1日に約2mも移動し、「生きている氷河」と呼ばれるほど非常に活発な氷河。

先端部で轟音とともに崩壊し湖になだれ込み、やがて水蒸気となり、雪となって舞い降り、再び氷河を形成していくそう。

ペリト・モレノ氷河の氷は気泡が少なく、透明度が高いため、青い光だけを反射し、氷河トレッキングやクルーズで間近に見ると、神秘的なブルーの輝きを放ちます。

12月から3月の夏の間は、氷河が崩落する瞬間に立ち合えることもあるそう。

気温が上がる夏には、ビルほどの高さの氷のかたまりが、大きな音とともに一気に湖に崩れ落ちるところが見られるんですねぇ~壮大でしょうねヽ(*’0’*)ツ

日本とは逆でこれからが夏のアルゼンチン。数万年の長い旅路を終えた氷河を見ながら、氷河入りウイスキーで乾杯! なんてのも粋ってものかもしれませんねぇ。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「コロンブスがインドと信じた”バハマ”」(バハマ国)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「コロンブスがインドと信じた”バハマ”」(バハマ国)をご紹介

バハマの太陽はかに座、月はおひつじ座に位置しています。

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がかに座なら、“矛盾”がキーワード。誰もがかに座の人は理解に苦しむ。優しくて親切・人の話を辛抱強く聞きます。

またあなたの月がおひつじ座なら、アクティブで激しいサインですが、月はクールで受け身。この不均衡は才能と鋭さを与えますが同時にナーバス(神経質な)気質ももたらします。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

=========

●「コロンブスがインドと信じた”バハマ”」(バハマ国)

コロンブスが新大陸発見として到達した島のあるバハマ。

コロンブス

バハマって聞くとバハマ諸島=アメリカ?!・・・かと思ってましたが、バハマはれっきとした、”西インド諸島の中のバハマ諸島を領有する国家”なんですね。

ここは、コロンブスがスペインのパロス湾を出発して143日目に、バハマ諸島のひとつサン・サルバドル島に上陸しました(近年の研究では、サマナ島だとされる説もあるそう)。

コロンブスは、こここそ探し求めていたインドと信じ、バハマ諸島一帯は西インド諸島と名付けられたのです・・・ってだからインドとは全然関係ない位置にあるこのあたりを西インド諸島って言うんですね。ややっこしいなぁ~

バハマ諸島は、フロリダ半島の東沖から南東に、約800kmに渡り点々と連なる723の島と2500近い岩礁からなっています。

その95%は無人島で、人の住む島は30ほど。首都は、ニュー・プロビデンス島のナッソー。

bahamas-2

ナッソーのあるこの島は、観光業、金融業などバハマの政治、経済などの中心地で、バハマ人口の大半約150,000人が住んでいます。

ここは観光業だけかと思いきや、タックスへヴン(一定の課税が著しく軽減、または完全に免除される国や地域のこと)などの金融業が経済の中心となっています。

島北部の海岸にあるケーブル・ビーチやパラダイス島はリゾート地となっています。

1973年までイギリスの植民地だったため、町はイギリスの面影を濃く残し、パステルカラーのアンティークな家が建ち並んでおり、マリンスポーツやショッピング、カジノなどが楽しめ、毎年300万人以上の観光客が訪れます。

マイアミから飛行機で約1時間という便利さもあって、カリブの島々のなかでも有数のリゾートアイランドなんですね~♪

家族旅行、恋人たちのお忍び旅行、ギャンブルのメッカ、クルーズ愛好家にとって重要な寄港地、そして買い物好きの人も満足できるワールドマーケットもありというバハマ。

コロンブスの開いたスペインからバハマのルートを通って、多くのヨーロッパ人がやって来ると、島の先住民のインディオは強制労働やヨーロッパ人が持ち込んだ疫病などで死に絶えてしまいました。

16世紀には絶滅してしまったインディオの代わりに、アフリカから初めて奴隷として多くの黒人がバハマ諸島に連れて来られたのです。

そんな歴史を持つバハマですが、現在は有名なリゾート地となったんですね~・・・歴史を思うとちょっと複雑な思いかも?

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪