タグ: アメリカ

「神が集う場所”ティオティワカン”」(メキシコ)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

今日から9月ですね~ 何だか一年がアッという間に過ぎ去っていくような気がします。

さて、今回は「神が集う場所”ティオティワカン”」(メキシコ)をご紹介:

メキシコの太陽はおとめ座、月はおうし座に位置しています。

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がおとめ座なら、明日にしようというのでなく今日中に何とかするとか後回しではなく今やるというように考えるようにとてもオーガナイズド・きちんとしている・几帳面。

またあなたの月がおうし座なら、穏やかで思慮深さを与え、自分の結論を出す前に自分の受けた周りの印象(世界観)をじっくり考える。早急な意見はださず、感情的にはなりません。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

==========

●ティオティワカン遺跡(メキシコ)

ティオティワカン

テオティワカンは、紀元前2~紀元7世紀頃に栄えた文明で、4~6世紀には15~20万もの人々がここに住み、メソ・アメリカ最強の都市国家として君臨しました。

14世紀、この遺跡を発見したアステカ人たちは、これが人の手で造られたとは信じられず、神が集う場所=テオティワカンと呼んで、ここを聖地として生け贄を捧げて崇めたのです。

メキシコからコスタリカにかけてのメソ・アメリカには数多くの遺跡が存在し、数百~数千ともいわれるピラミッドがあります。この中で最大規模といわれる遺跡がテオティワカンなのです。

まず目につくのが巨大なふたつのピラミッド、太陽のピラミッドと月のピラミッドです。

太陽のピラミッドは世界3番目、メキシコではチョルラに次いで2番目の大きさといわれており、高さは神殿を加えて74m、底辺は225m×222mを誇ります。一方、月のピラミッドは高さ46mで150m×140m。これ以外にもケツァルコアトル神殿など、数多くのピラミッドが並んでいます。

テオティワカンの壮大さはピラミッドに登るとよくわかります。頂上からテオティワカンを一望すると、区画整理されて整然と並ぶ遺跡群に圧倒されます。遺跡の数は600とも700ともいわれており、その中心には幅40m、未発掘部分も含めて全長5kmに及ぶ「死者の道」が通っています。

テオティワカンは、ここを中心として美しい都市国家を成立させ、最大で15~20万人が集まりました。最盛期は4~6世紀といわれますが、同時代に栄華を極めたローマ帝国の都ローマに劣らない規模だったといいます。

ティオティワカンー3

こうしたすばらしい文化がどうして、滅びていってしまったのでしょうか?

人々の怠慢・争い・移動?・・・それとも、自然による破壊?・・・・

都市国家の発展・衰退・滅亡などは、意外にちょっとしたきっかけなのかもしれませんね。こうした広大な遺跡に眠る人々に話を聞いてみたくなります。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「ガラパゴス諸島」(エクアドル)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「ガラパゴス諸島」(エクアドル)をご紹介

エクアドルの太陽はおとめ座、月はおうし座に位置しています。

”星座別幸運を呼ぶロケーション”はこちらをご覧ください。あなたとこれらの土地の相性があうかはここをクリック

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がおとめ座なら、支配性の水星のナーバスエネルギーは同じ水星支配のふたご座が活気づけたり冒険心を鼓舞したりするのに対し、おとめ座はパーフェクトに到達しようとする方向へと向けられています。

またあなたの月がおうし座なら、月のタイプの中で一番感情的な問題を抱えない。実用的でポジティブ、規律正しく辛抱強く責任感もある。おうし座は金星が守護星なのでアーティスティックなセンスを与えられています。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

==========

●ガラパゴス諸島(エクアドル)

ガラパゴス諸島は南アメリカの小さな国「エクアドル」にあります。

エクアドルの名前は赤道を意味していて、国土を東西に赤道が横切るまさしく赤道直下の国です。

ガラパゴス諸島は16の主要な島を含む大小およそ120の島々で形成されており、1997年に世界自然遺産の第一号に指定されてからガラパゴスは世界的に有名になりました。

赤道直下にあるガラパゴス諸島は、太平洋上に浮かぶ大小の123の島々で成り立ち、 ガラパゴスでしか見られない動物たちがはるか遠い時代から独自の進化を続けながら今もなお生きづいています。

ガラパゴスゾウガメ

「ダーウィンの進化論」で有名なチャールズ・ダーウィンが測量船ビーグル号に乗船し、進化論の着想を得ることになった航海で、このガラパゴス諸島を訪れたことは有名です。生物の種とは当時信じられていたように不変な物ではなく、変化しうるのではないかと考えるようになっていったのです。

このような経過から、特異な生物相を持つ島の動植物ことを「○○のガラパゴス」と呼ぶことがありますが、日本では世界遺産に登録された「小笠原諸島」が有名ですよね。

ガラパゴスには独自の進化をとげたたくさんの特徴的な動物がいます。

アメリカ軍艦鳥

ガラパゴスウミイグアナ・アメリカグンカンドリ・ガラパゴスゾウガメなどなど。

ガラパゴス1

しかしながら、このガラパゴス諸島に生息する動物たちは生存競争力に乏しく、19世紀になって人間とともに外来種が侵入し始めて以降、種の存続が危ぶまれています。

すべての進化はあるものにとっての衰退となるんですよね。種の存続は是非維持してほしいです。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪