タグ: オーストラリア

「エアーズロック(ウルル)」(オーストラリア)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「エアーズロック(ウルル)」(オーストラリア)をご紹介

オーストラリアの太陽はしし座、月はやぎ座に位置しています。

”星座別幸運を呼ぶロケーション”はこちらをご覧ください。あなたとこれらの土地の相性があうかはここをクリック

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がしし座なら、一番ロイヤル(高貴)なサインなので良すぎるという言葉はない。贅沢というのが元気づけるもととなります。

またあなたの月がやぎ座なら、秩序正しく大志がありハードワーカー。常に自分が満足するために責任感のようなものを感じています。

==========

オーストラリアが誇る世界遺産の中でも、1、2を争う人気なのが『ウルル-カタ・ジュタ国立公園』。

エアーズロック

そこにエアーズロックとも呼ばれる“世界最大級の一枚岩”があります。

日頃からテレビや映画、雑誌や本などでもよく見かける上に、話題作『世界の中心で、愛をさけぶ』に登場して、さらに注目度アップしました。

ウルル観光のハイライト!と言えば、雄大なサンセット&サンライズと“登頂”。

でも、先住民アボリジニの人々は、観光客がウルルにこぞって登っていることをあまりよくは思っていません…。
「We don’t Climb, Please Don’t Climb Uluru 訳:私達は(ウルルに)登らない、(だからあなたも)ウルルに登らないでください」という掲示を掲げ、人々がウルルに登らないよう警告しています。

彼らにとっては聖地であり、昔から大事にしてきた場所ですので、「荒らして欲しくない…」という気持ちが強いようです。また、危険であることも確かなよう。

しかしながら、実際には“完全な禁止”にはしていません。それは、一方的な宣告により、ウルル登頂を禁止するのではなく、「各自の良心に基づき、聖地としてのウルルに敬意を持って接することで、“登ること”を選択しない人=“登らない”人であって欲しい…」という願いも込められているからだそう。

登らなくとも、周囲を歩くトレッキングやビュー・ポイントからの眺めだけでも、ウルルの素晴らしさは十分堪能できます!

ウルルには、ぐるっとウルルの周りを一周できる『サーキット・ウォーク』と、その一部だけを歩く『マラ・ウォーク』と呼ばれるトレイル(歩道)があるので、そこを歩いてみるのもおすすめ。

途中に現れる泉や洞穴を見ながら歩いていると、洞穴内部には彼らが描いた壁画なども残され、実際にこのウルルで生活してきた様子が伝わってきてとても興味深いものがあります。

また、エアーズロック・リゾート内には、いくつかの展望所があり、ウルルとカタジュタをちょっと離れた所から眺められます。

もし、時間がある人は、アボリジニ・アナング族の人達が、彼らが先祖から受け継いできた知恵を教えながらウルル周辺を歩くツアーを催行しているので、参加してみるのもおすすめです。

オーストラリアの聖地・エアーズロックは太陽の当たる角度などにより、様々な色に変化するその表情は見る人の人生観をかえてしまうほどのパワーがあると言われています。
ぜひ、訪れてみたいところです。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「マオリの伝説が残るミルフォード・サウンド」(ニュージーランド)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

今回は「マオリの伝説が残るミルフォード・サウンド」(ニュージーランド)をご紹介

ニュージーランドの太陽はおとめ座、月はふたご座に位置しています。

”星座別幸運を呼ぶロケーション”はこちらをご覧ください。あなたとこれらの土地の相性があうかはここをクリック

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がおとめ座なら、支配性の水星のナーバスエネルギーは同じ水星支配のふたご座が活気づけたり冒険心を鼓舞したりするのに対し、おとめ座はパーフェクトに到達しようとする方向へと向けられています。

またあなたの月がふたご座なら、頭の回転が速く、コミュニケーションがうまいという才能を持っています。刺激と変化を求めているのでひとりでいたりするより人とかかわっていたいという気持ちが強い。

==========

ミルフォードサウンドNZland-2

ミルフォード・サウンド(Milford Sound)はニュージーランドの南島の南西部のフィヨルドランド国立公園に位置するフィヨルドです。

★フィヨルドとは、氷河による浸食作用によって形成された複雑な地形の湾・入り江のこと。

ミルフォード・サウンドはタスマン海から15キロ内陸まで続いており、1200メートル以上の断崖絶壁に囲まれています。鬱蒼と茂った多雨林がその絶壁に生えている一方で、そのしたの海中にはアザラシ、ペンギン、イルカなどが頻繁に出現し、稀にではありますがクジラも目撃することができます。

空高くまでそびえる山々が海の底からまっすぐに突き出しているような場所は、フィヨルドランドの他にはありません。緑豊かな森林は身を乗り出すように岩壁の上を覆い、その合間から数百メートル下の海に向かっていくつもの滝が流れ落ちています。

マオリの伝説では、フィヨルドは氷河によって造りだされたのではなく、神と崇められていたトゥ・テ・ラキ・ファノアが、神秘的な呪文を唱えながら、魔法の石斧を振りかざし造られたと言われています。

伝説のとおりなら、ミルフォード・サウンド(マオリの言葉でピオピオタヒ)は疑いもなく最もすばらしい彫刻だといえます。

ミルフォードサウンドNZland-3

世界遺産に指定され、フィヨルドで人気のある見どころの一つであるミルフォードサウンド。サウンドは「入り江」という意味。

その名のとおり、氷河によって垂直に近い角度で削り取られた周囲の山々が1,000メートル以上に渡り広がっています。ニュージーランドらしい景色を代表する場所のひとつです。

優しい大自然のパワーが満ち溢れるフィヨルドでのクルーズもいいですよね~
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪