タグ: オーストラリア

夏真っ盛り「ハミルトン島」(オーストラリア)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

今回は寒さをしのいでいる我々にはうらやましい夏真っ盛りのオーストラリアのグレートバリアリーフに囲まれ、美しい珊瑚礁やビーチがあることで有名な「ハミルトン島」をご紹介

オーストラリアの太陽はみずがめ座、月はおとめ座に位置しています。

”星座別幸運を呼ぶロケーション”はこちらをご覧ください。あなたとこれらの土地の相性があうかはここをクリック

==========

ハミルトン島は、74の島々からなるウィットサンデー諸島の1つで、グレートバリアリーフの中央部に位置するので北部や南部に生存している珊瑚や魚介類が見られます。

ウィットサンデー諸島は、1770年にジェームス・クック(キャプテン・クック)がハミルトン島を囲む海が最も安全な航路であると記録してウィットサンデーと命名したそうです。

ハミルトン島内ではトロピカルフィッシュや海ガメが泳ぐキャッツアイビーチでウォータースポーツを気軽に楽しんだり、野生のカンガルーが横切る道をハミルトンアイランド名物のバギーカーでドライブしたり、コアラを抱っこして記念写真を撮ったりと40を超えるアクティビティが楽しめるそう。

オーストラリア人に人気のリゾートアイランドというのもうなづけますよね。

hartreefs Australia

ハミルトン島へ来たら絶対にはずせないのがハートリーフ。その名前の通り、ハート型の珊瑚礁。ハート・リーフは上陸はできず、小型飛行機、あるいはヘリコプターなどから、上空から見ることになります。カップル、特にハネムーナーに人気の観光スポット。ハート・リーフを見たカップルは、必ず幸せになれるという伝説を持つそうです。

またハミルトン島の隣島にある「ホワイトヘブンビーチ」は世界最大の珊瑚礁グレート・バリア・リーフの無人島にある真っ白な砂浜。欧米の旅行誌等で『地球上で最も美しい砂浜』として紹介され、訪れた人は口を揃えて「ここは天国のようだ…」とつぶやくそうです!
$開運パワースポットを探す方法-ハワイトヘブンビーチAustralia

そして、州政府が「世界一素晴らしい仕事」と銘打って、この島の管理人を募集したのを覚えてますか?

2008年7月1日からの半年間、ハミルトン島で3億円の豪邸に住み、島を巡回したり、海に潜ったりして生活ぶりや島の魅力をブログで紹介するもので報酬は15万豪ドル(約1100万円)!

世界中から応募者が殺到し、唯一残った日本人が、小林美絵子さんでしたが、最終選考で選ばれた一人は、イギリス人の男性でした。

うらやましいお仕事ですよねぇ~

グレートバリアリーフはやっぱりサイコーな場所ですよね。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

天国に一番近い島「ニューカレドニア」

人気ブログランキングに参加しています。 お手数ですが、クリック応援いただけるとうれしいです♪

今回は天国に一番近い島そして今が夏真っ盛りの「ニューカレドニア」をご紹介

ニューカレドニアの太陽はてんびん座、月はふたご座に位置しています。あなたとニューカレドニアの相性があうかは文末をごらんください

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がてんびん座なら家の中もきれいに飾ったりお金で買えるものすべてを楽しみます。ナルシストであり、人からの賞賛を期待している傾向があります。

またあなたの月がふたご座なら、興味がすぐに失せ、新しい事に夢中になってしまいますが、変化・旅・違う種類の人ととの関わり合いによって成長していくことができます。

==========

「ニューカレドニア」

ニューカレドニア2

ニューカレドニアはフランスの海外領土で、オーストラリアの東1,200kmに位置するメラネシアの島。

もともとオーストラリアと同じゴンドワナ大陸の一部でしたが、約1億年前にオーストラリアと、5,000万年前にニュージーランドとに分かれた島なのです。

本島のグランド・テ-ル島と周囲の島々からなっています。

その島々を取り巻くニューカレドニア・バリア・リーフは長さ1,500kmにも及び、ゴンドワナ時代の名残りを残す固有種や、サンゴ礁に暮らす多種の動植物、それらを支える豊かな生態系を特徴としています。

ニューカレドニアは亜熱帯気候に属し、年間平均気温24℃前後で初夏のさわやかさが1年中続くという大変すごしやすいところです。

そして、ニューカレドニアの最大の魅力はビーチの美しさ。広大なラグーン(サンゴ礁や島々に囲まれた地域)をひとつひとつ訪ねて旅しても、飽きることはありません。

中でも人気なのが”イル・デ・パン”という島で、南太平洋の宝石箱とたとえられるイル・デ・パンは、あらゆる旅人を魅惑する島と言われ、言葉では表現しつくせない海の美しさをたたえています。

またウベア島も 『天国にいちばん近い島』のまさに舞台となった、永遠の楽園を思わせる白砂の島です。いわゆる観光ポイントがあるのではなく、ひたすら壮大な自然が美しい島で、その神秘的な美しさを前にすれば、誰でも敬虔な思いを抱くだろうと言われています。

まさに天国気分を味わえそう

ダイビングやスノーケリングなどのマリン・スポーツももちろん、たっぷり味わえます。

フランス領でもあることから、古くから高級リゾートとして知られており、高級ホテルや水上コテージもたくさんあって、思う存分南国気分が味わえます。

また、ニューカレドニアの料理の魅力は、フランス領であることから、フランス料理の繊細な味付けとニューカレドニア産の豊富な食材の味わいが絶妙にミックスしていることだそう♪

新鮮なシーフードのフレンチ風の料理にフランス・ワインなんていいですね~(^ε^)♪

NHK「朝の連続テレビ小説」『あしたこそ』として放映され、1984年には大林宣彦監督、原田知世主演で映画化された、森村桂の旅行記『天国にいちばん近い島』の舞台となったニューカレドニア。

やっぱり本当に天国にいちばん近い島なのかも?!

今が夏真っ盛りのニューカレドニア。寒さから逃避したいならここですよね。

★ニューカレドニアは西洋占星術の上でのホロスコープを見ると、太陽はてんびん座・月はふたご座となっています★

★★あなたとこの土地の相性の見方は続きをご覧ください
人気ブログランキングに参加しています。 お手数ですが、クリック応援いただけるとうれしいです♪
Continue reading “天国に一番近い島「ニューカレドニア」”