タグ: ヨーロッパ

「カタルーニャの聖地・「モンセラット」」(スペイン)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「カタルーニャの聖地・「モンセラット」」(スペイン)をご紹介

スペインの太陽はてんびん座、月はしし座に位置しています。

”星座別幸運を呼ぶロケーション”はこちらをご覧ください。あなたとこれらの土地の相性があうかはここをクリック

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がてんびん座なら、どちらかというと他人を外見から判断するので、ものやわらかな策略を持った人にだまされる可能性があります。

またあなたの月しし座なら、強い感情は頭でなくハートを通して伝えます。素早く正確に学んでいくタイプですが、自分に興味がないとさらなる探求をしていきません。

==========

スペイン・バルセロナ近郊の「のこぎり山」と呼ばれる奇岩群と「黒いマリア像」で有名な”モンセラット”

不気味な岩山モンセラットの麓にある大聖堂を中心とした小さな観光都市で、自然豊かなハイキングコースとしても知られます。

大聖堂は、アーサー王の聖杯伝説に登場するベネディクト会のサンタ・マリア・モンセラート修道院付属大聖堂で、今でもカタルーニャ地方をはじめスペイン全土からたくさんの巡礼者が訪れるキリスト教の聖地とされています。

モンセラット(Montserrat)はカタルーニャ語で「ギザギザな山」「のこぎり山」という意味だそうですが、修道院周辺に、この奇岩群は辺り一帯に広がっていて、聖地として包み込むような優しさを持ちながら、厳粛で神秘的な空気を感じるようです。

モンセラート黒いマリア

標高1235mの山の中腹に建つベネディクト会の修道院。この修道院付属の大聖堂に信仰のシンボルとされる「黒いマリア像」が置かれており、これがモンセラット見学のもう一つの見どころ。

黒いマリア像」は、伝説ではかなり古い歴史を持ちます。その昔、山の洞窟で羊飼いたちが発見し麓まで降ろそうとしたところ動かなかったので、その場に聖堂を建てた、8世紀のイスラム教徒侵略の時は隠されていた、と言い伝えられています。

礼拝にはいつも長い列ができていますが、願いを叶えてくれると言われているこの黒いマリア様、是非訪れたら、一度祈りを捧げてみたいです。

大聖堂前、「アトゥリオのパティオ」と呼ばれる中庭は、最近パワースポットとして人気。中庭の中心で両腕を広げて瞑想している人なども少なくないようです。

大聖堂などがあるいわゆる街の中心からは、いくつかの岩山の頂上へ向かうロープウェイや、散歩道もあり、自然を満喫したい人にはよさそう。

また、「モンセラット美術館」があり、ピカソやダリ、ミロ、サグラダ・ファミリアの彫刻で有名なスビラックの作品をはじめ、地元カタルーニャ州の有名画家たちやフランスのシャガールやモネの作品、そしてエジプト文明のミイラ、化石や道具など考古学博物館のようなスペースもあるんですって。

港町バルセロナから少し足を延ばしただけで、大きな岩山と大聖堂、そしてハイキングもできて内容充実な美術館まで、見どころ満載の都市「モンセラート」魅力的ですね。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「ロンドンのウェストミンスター寺院」(イギリス)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「ロンドンのウェストミンスター寺院」(イギリス)をご紹介

イギリスの太陽はやぎ座、月はかに座に位置しています。

”星座別幸運を呼ぶロケーション”はこちらをご覧ください。あなたとこれらの土地の相性があうかはここをクリック

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がやぎ座なら、自分の言ったことにこだわりベストをつくしてやりこなすが、細かいところまで気にしすぎる。土星の影響下にあるので自分に厳しく、自分だけが頼りと感じるところがあります

またあなたの月がかに座なら、アクティブというよりは受容的でリアクションや情報などは使うために必要な時がくるまでためておくタイプ。すばらしいメモリーを保持する力があるので歴史家・先生・俳優・ライターなどの有名な人に多いです。

==========

ウエストミンスター寺院

ウェストミンスター寺院(英語:Westminster Abbey)は、イギリスのロンドン・ウェストミンスターにある、イギリス国教会の教会。聖ペテロ修道教会。

戴冠式などの王室行事が執り行われ、内部の壁と床には歴代の王や女王、政治家などが多数埋葬されています。墓地としては既に満杯状態で、新たに埋葬するスペースはもはやなくなっている状態。

国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)が隣接しています。

イギリス中世の大規模なゴシック建築であり、11世紀にエドワード懺悔王が建設し、1066年以降、英国国王の戴冠式が行われています。

1245年、ヘンリー3世が再建を決め、フランスの建築家を招き、フランスのゴシック建築にならって現在の寺院を建て始めました。14世紀末までにおおよそ完成しますが、正面部分は16世紀初め、塔は17世紀、と長期間にわたって建設されています。

多くの学校や職場で使用されている始業、終業のチャイムの音階は、同寺院のために1927年に作曲された「ウェストミンスターの鐘」が元となっているそうです。

1987年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。

近年では、イギリスのウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんが、ここロンドンのウェストミンスター寺院で結婚式を挙げましたね。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪