「エアーズロック(ウルル)」(オーストラリア)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「エアーズロック(ウルル)」(オーストラリア)をご紹介

オーストラリアの太陽はしし座、月はやぎ座に位置しています。

”星座別幸運を呼ぶロケーション”はこちらをご覧ください。あなたとこれらの土地の相性があうかはここをクリック

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がしし座なら、一番ロイヤル(高貴)なサインなので良すぎるという言葉はない。贅沢というのが元気づけるもととなります。

またあなたの月がやぎ座なら、秩序正しく大志がありハードワーカー。常に自分が満足するために責任感のようなものを感じています。

==========

オーストラリアが誇る世界遺産の中でも、1、2を争う人気なのが『ウルル-カタ・ジュタ国立公園』。

エアーズロック

そこにエアーズロックとも呼ばれる“世界最大級の一枚岩”があります。

日頃からテレビや映画、雑誌や本などでもよく見かける上に、話題作『世界の中心で、愛をさけぶ』に登場して、さらに注目度アップしました。

ウルル観光のハイライト!と言えば、雄大なサンセット&サンライズと“登頂”。

でも、先住民アボリジニの人々は、観光客がウルルにこぞって登っていることをあまりよくは思っていません…。
「We don’t Climb, Please Don’t Climb Uluru 訳:私達は(ウルルに)登らない、(だからあなたも)ウルルに登らないでください」という掲示を掲げ、人々がウルルに登らないよう警告しています。

彼らにとっては聖地であり、昔から大事にしてきた場所ですので、「荒らして欲しくない…」という気持ちが強いようです。また、危険であることも確かなよう。

しかしながら、実際には“完全な禁止”にはしていません。それは、一方的な宣告により、ウルル登頂を禁止するのではなく、「各自の良心に基づき、聖地としてのウルルに敬意を持って接することで、“登ること”を選択しない人=“登らない”人であって欲しい…」という願いも込められているからだそう。

登らなくとも、周囲を歩くトレッキングやビュー・ポイントからの眺めだけでも、ウルルの素晴らしさは十分堪能できます!

ウルルには、ぐるっとウルルの周りを一周できる『サーキット・ウォーク』と、その一部だけを歩く『マラ・ウォーク』と呼ばれるトレイル(歩道)があるので、そこを歩いてみるのもおすすめ。

途中に現れる泉や洞穴を見ながら歩いていると、洞穴内部には彼らが描いた壁画なども残され、実際にこのウルルで生活してきた様子が伝わってきてとても興味深いものがあります。

また、エアーズロック・リゾート内には、いくつかの展望所があり、ウルルとカタジュタをちょっと離れた所から眺められます。

もし、時間がある人は、アボリジニ・アナング族の人達が、彼らが先祖から受け継いできた知恵を教えながらウルル周辺を歩くツアーを催行しているので、参加してみるのもおすすめです。

オーストラリアの聖地・エアーズロックは太陽の当たる角度などにより、様々な色に変化するその表情は見る人の人生観をかえてしまうほどのパワーがあると言われています。
ぜひ、訪れてみたいところです。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「月はてんびん座」そして「良い人間関係を築く7つのアイデア」

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

本日は、「良い人間関係を築く7つのアイデア」をご紹介:

まずは、月の星座をカレンダーで見ると、本日5月24日15:51から、月はてんびん座に位置しています。

ご自分の星座別ベストなロケーションはこちらをご覧ください

月がてんびん座に入っている時は、社交性が増しお互いに理解しあえるような新しい交友関係を求めます。

社交の場・お祝い事・ビジネスの会議・愛を語り合うなどすべての人との関わり合いにおいていい時です。

しかしながら、ビジネスなどでの話し合いにおいては、他人に対してためらいや疑いの気持ちが強くなる傾向にあるので結論をだすのはもう少し延ばした方が賢明かも。

恋愛関係・パートナーシップにおいてはいい時ですよ~

ちなみに太陽がてんびん座の人は、この時期(5/24~5/26)はパーソナル・パワー・デ-となり、周囲からの影響をより受けやすくなり良い変化を受け取れる時です。ポジティブに物事をとらえれば、運気アップにつながります。

てんびん座の人は影響力のある人とのコネクションによって運命が決まるということもあります。広い意味合いからいうと他人によって何かを成し遂げるとも言えるのです。

=========

relationship

さて、生活の質は、人間関係の質にまでおよびます。すばらしい人間関係に身をささげれば、一流の人生が手に入るといっても過言ではありません。

そんな人間関係を築き、成功していくにはとてもシンプルな法則がありますが、今日はその法則をご紹介:

①相手と会った時、こちらから先にこんにちはと言いましょう(これは納得ですね。あいさつは肝心)

②おおいに笑顔をみせましょう(これも納得。ブスっとされてたらいけません)

③相手を名前で呼びましょう(あなたが気にかけていることを示し、敬意をはらっている証となるそう)

④話す時は、相手の目をみましょう(これも基本ですよね)

⑤心からの賛辞をおくりましょう(相手をほめたたえ、向上させる機会を逃さないように。すると、彼らの内なる最善なものとむすびつくことができ、彼らはあなたに最善のものをくれます。)

⑥全員を王族のようにあつかいましょう(だれにでも最善の扱いを平等に)

⑦超一流の聞き手になりましょう

特に、この超一流の聞き手になることをきちんと身につければ、”人間関係のスーパースターになれるといいます。

ほとんどの人は、相手の話を聞きません。ほとんどの人は自分に焦点をあてているので、相手と会ったときに、いい質問ができないのです。聞いて、質問をすれば、謙虚さを示せます。あなたが興味をもっていることを示せます。

ほとんどの人は、聞くというのは、自分がことばをはさめるように相手が話しおわるのを待つことだと思っているそうです。

言われてみるとなんとなくわかるような・・・「ふ~ん」で終わってしまったり、「それはあまりわからない事だから・・」などと終わってしまうことってしばしばありますよね?これじゃやっぱり話は盛り上がらず、ハッピーな人間関係は築けないようですね。

この7つのアイデアはとてもシンプルですが、この原則を習得すれば、思っている以上に良い人間関係が築け、成功に近づけるといいます。

良い人間関係って必須ですよね。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪