「本日はおひつじ座の満月」

さて、本日10月14日06:07はおひつじ座の満月です。

¥3800でレッスン受講できる!・占星術でパワースポットを知る・生年月日と名前でわかる数秘・本場欧米で学んだ占星術

この満月を”Hunters Moon”と呼びます。秋の収穫の時期が終わり、畑は作物が刈られてますよね。

鹿やキツネたちは草が刈られてるので隠れる所がなくハンターにはもってこいとなる訳です。

またこの満月はとても明るく長い(秋の夜長って言いますよね)のでこれまたハンターにとって狩猟しやすいからなんですね。

さて、満月にはよくも悪しくも物事をはっきりさせる力があります。

新月に始めたプランが、いまひとつ想うような結果をもたらしていない場合は、ここで軌道修正やバランス調整をする絶好の機会となります。

ではいつものように、おひつじ座の満月に気をつけたいことをご紹介:

・自己中心的な考えを改める
・周りの人々の感情に配慮する
・怒りのエネルギーを建設的な方向に使う
・社交的なスキルを磨く
・礼儀をわきまえる
・皮肉っぽい態度を改める
・団体行動の素晴らしさを知る

おひつじ座の満月の時は、普段よりも怒りっぽくなったり、何事も調子に乗りすぎたりする傾向があります。

その結果、怒りにまかせてせっかく順調に進んでいた計画をぶち壊してしまったり、人に皮肉っぽい態度をとり、敵に回してしまう危険性もあるのです。

いつにもまして、対人関係で礼儀をわきまえましょう。人と接する時には、にこやかな笑顔や上品な振る舞いを心がけたいものですね。

いま一度、おひつじ座の満月に、新月時の願い事が順調にすすんでいるかチェックし、上記の事柄を注意してみましょう。

あなたは自分に合ったパワースポットへ行ってますか?詳しくはこちらをクリック

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪





「パワースポットの世界遺産で紅葉を」(京都)

今回の台風はちょっと怖かったですね~一番怖いと思ったのが、テレビやネットで川の氾濫などが言われ、避難勧告地域に我が家周辺が出されたこと。

これって避難しなくちゃいけないの?でも我が家は猫も鳥もいるし、避難所は暴風雨の中を15分以上歩く場所(;^_^A・・・って行かれないでしょ?

そんなこんなしていてもうどうにでもなれ!って思っちゃいましたよ。結果、何事もなく無事で何よりでした(#^.^#)

さて、今回は「パワースポットの世界遺産で紅葉を」(京都)をご紹介

¥3800でレッスン受講できる!・占星術でパワースポットを知る・生年月日と名前でわかる数秘・本場欧米で学んだ占星術

紅葉の季節がやってきましたね~ 今日は京都の東寺をご紹介:

東寺(とうじ)は、東寺真言宗の寺院であり、東寺真言宗の総本山です。教王護国寺(きょうおうごこくじ)とも呼ばれます。

東寺というと空海を思い浮かべますが、空海は中国で密教を学んできました。この東寺に有名な「立体曼荼羅」がありますよね。

立体曼荼羅とは曼荼羅の絵を立体的にしたものです。

仏教の教えの1つである密教、そのなかの真言宗では、仏さまの世界には金剛界(こんごうかい)と胎蔵界(たいぞうかい)という2つの世界があるとされています。

この世界の仏さまがどこにいるのか、わかりやすく伝えようと密教では上下左右に見える仏様を地図のように絵で描いて表現していました。これが曼荼羅です。

この曼荼羅を空海が絵ではなく立体的に表現したものが「立体曼荼羅」

東寺の講堂に配置した仏像たちは、空海の発願で作られたのですが、完成したのは空海の死後である承和二年(835)でした。空海は立体曼荼羅を見ることはできなかったようです。

東寺では弘法大師・空海が入滅した日、3月21日にちなんで毎月21日に御影堂で御影供が行われ、またそれにあわせて東寺弘法市、愛称「弘法さん」が開かれています。

また東寺は 美しい五重塔など境内のライトアップで人気があります。五重塔だけでなく季節によって美しい紅葉や夜桜も美しく、京都の風情を充分に堪能できます。

東寺のライトアップは春(3月中旬~4月中旬)と秋(10月下旬~12月上旬)

ライトアップとあわせて立体曼荼羅の講堂や、大きな薬師如来が祀られる金堂も公開されていて幻想的な景色の中、拝観することができるのでかなりの人気です。

これから東寺のライトアップが見ごろとなります。紅葉とのコラボレーションやっぱり見たいですよね♪

あなたはご自分に合ったパワスポに行ってますか?詳しくはこちらをクリック

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪