月の星座はいて座

さて、月の星座をカレンダーで見ると、本日3月05日07:43から、月はいて座に位置していきます。

★★鑑定実施中・詳しくはここをクリック

月が射手座に入っている時は、寛大さ・開放的・楽観的・助言をする・自分の体験をシェアしたいという気持ちがすべて増加するときです。

旅行やあらゆる活動に積極的になれる時でもあります。

でも過信しすぎてしまったり、実用性にかけるアイデアにはご注意を。

物事の大きな枠でのプランを立てるにはいい時ですが、細かい作業を必要とする事には向きませんので、仕事では細心の注意を払いましょうね。

ちなみに太陽がいて座の人は、この時期間はパーソナル・パワー・デ-となり、周囲からの影響をより受けやすくなり良い変化を受け取れる時です。ポジティブに物事をとらえれば、運気アップにつながります。

いて座の人は、進歩的で休むことない精神・自由とアドベンチャー精神・新しいアイデアと変化する場面を成育していきます。将来に対する自信はありますが、自分のアイデアに干渉されることを嫌い、物事に飽きてくるといらいらしたり怒りっぽくなったりするので気をつけましょう。

また、いて座は身体の部分では 肝臓・坐骨神経・大腿 をつかさどっています。いて座の人はこの部分を大切に

★★鑑定実施中・詳しくはここをクリック

運気アップしたいなら・アストロマップ鑑定・実施中

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

心の炎を感じてますか

さて、本日は「心の炎を感じてますか」をご紹介:

★★鑑定実施中・詳しくはここをクリック

”あかりをつけましょ。ぼんぼりに~♫”とひな祭りの歌にもありますが、心の中のあかり輝いてますか?!

私たち一人一人のなかには、ひととしての強さと美しさと賢さの炎がまばゆいばかりに燃えています。

ただその火を消さないように保つことを私たちは忘れてしまいがちです。

心の湿り気やうっかりミスでしばしば消してしまったり、燃え尽きさせたりしてしまうようです。

大切な明かりは、特に意識もせずにほおっておくうちに失われてしまい、気づいた時にはあとの祭りということもあります。

今日はあなたの中のキャンドルに今一度あかりをともして、人生を輝かせる方法をご紹介♪

1.まずは、あなたの脇かテーブルの上に、本物のキャンドルを一本おいて火をともし、瞑想のお供とします。

2.ゆらゆらゆれる炎をじっと見つめましょう。そして同じ炎が、あなたの心の真ん中にポットともるところを、思い描いて。

3.この炎はあなたの夢、あなたの希望、あなたの幸せだと思ってください。

4.炎が大きくかがやくように、守ってあげましょう。包んであげましょう。力を送ってあげましょう。

どんなに苦しい時も、どれだけ平凡な毎日でも、わたしたちを輝かせる光の種火だけは保っておかなくてはいけません。

最近キャンドルは焚火のような音のでるものなど種類も豊富。炎を見ていると落ち着きますのでぜひお試しくださいね。

この心の炎のことを、毎日忘れずに感じるようにしましょう

★★鑑定実施中・詳しくはここをクリック

運気アップしたいなら・アストロマップ鑑定・実施中

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪