相場の格言と日常生活の関連性

さて、本日は「相場の格言と日常生活の関連性」についてご紹介:

★★鑑定実施中・詳しくはここをクリック

さて、今日は相場の格言が私たちのフツウの日常生活との関連性について・・・

へっ何それ?!

って思う方も多いと思いますが実は自分の大事な財産を投資する時の注意事項って私たちの日常生活においてもあてはまる注意事項なんです。

相場の格言はいくつかありますが、この格言って投資にあたっての心構えや、陥りやすい過ちを指摘してくれます。

投資なんてしないから私には関係ないわ!

っと思っている方々も多いと思いますが・・・

実は投資のこうした格言は日常生活にも、とってもあてはまるんです。

相場の誕生から崩壊まで循環のパターンを教えてくれている格言があります。

「強気相場は悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち幸福の中で消えていく」

というウォール街の格言があります。

相場は投資家の期待・不安などの心理により高くなったり下がったりします。

パニックや悲壮感の中で相場がどん底に達すると悪材料をすべて織り込んでしまいちょっとした好材料をきっかけに上昇相場に転じます。

逆に市場参加者が総強気のときは相場はすでに天井であると言われます。

そして、悪材料をきっかけとしてパニック状態になれば、瞬く間に幸福が消えていくのです。

ね?

実生活にも通じるでしょ?

最悪状態でもうダメ・・・って思えるどん底状態が続き、そのうち、また良い時もくる。

そして、有頂天になれば、またまた問題が起こり、瞬く間に幸福が消えていく・・

人生、良い時も悪い時もあるってことですよね。

「人の行く裏に道あり花の山」

という有名な格言があります。

大勢の人が歩く道ではなく誰も歩かない裏道を行ってこそ美しい花が咲く山が見つかる

ということで、投資に際しての付和雷同(自分にしっかりとした考えがなく、他人の言動にすぐ同調すること)を戒めています。

他人の意見や魅力的な誘い文句に乗せられ、リスクの存在を忘れて安易な売買をすることは投資のおいて、失敗のもと。

しかしながら、多数の投資家と逆の行動をとることは実際には大変むずかしいことです。

”右へならえ”を好む我々日本人にとって、大多数の人と逆の行動をとるというのは時として、簡単なことではないかもしれませんね。

しかしながら、いまだ混乱の続く世界経済。

もうダメって状態続きっぱなしってか?!

ちょっとした事がきっかけで上昇気流になるのももう間近?!

現状ではだれしもがコロナの終焉と景気回復をいまかいまかと待ち望んでますよねぇ

★★鑑定実施中・詳しくはここをクリック

運気アップしたいなら・アストロマップ鑑定・実施中

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

月の星座はさそり座

さて、月の星座をカレンダーで見ると、本日・6月03日01:05から、月はさそり座に位置していきます。

★★鑑定実施中・詳しくはここをクリック

月がさそり座に入っている時は感情的にむずかしい時期となります。
他人に対してジェラシーを抱いたり、羨望・欲などあらゆる感情が湧きでてきます。

官能的・セクシャルな感情は強く湧いてきますが、如才なさなど外交面においては欠けてしまう傾向が強くなります。

しかしながら、集中力を要したりする仕事には向いており、はかどるのでがんばりましょう。

また、さそり座は身体の部分では 生殖器・肛門・括約筋・腸の下部 をつかさどっています。さそり座の人はこの部分を大切に

★★鑑定実施中・詳しくはここをクリック

運気アップしたいなら・アストロマップ鑑定・実施中

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪