「ギョレメ国立公園」と「カッパドキアの岩窟群」

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「”ギョレメ国立公園”と”カッパドキアの岩窟群”」(トルコ)をご紹介

トルコの太陽はさそり座、月はふたご座に位置しています。

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がさそり座なら、強烈(真剣・熱烈・熱心)というのがあなたのパーソナリティーのキーワード。中途半端とか真ん中をとるということがありません。

またあなたの月がふたご座なら、新しい事に夢中になってしまうが、変化・旅・違う種類の人ととの関わり合いによって成長していくことができる。ビジネスでは多方面においてやれることがあり、他人と一緒に価値あるものとなれます。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

=========

「”ギョレメ国立公園”と”カッパドキアの岩窟群”」(トルコ)

goreme national park and cappa dokia-2

ギョレメ国立公園は、トルコの中部、ネヴシェヒール地方にあるアナトリア高原にあります。カッパドキアの岩窟群は、エルジェス山やハサン・ダウ山の噴火によって、凝灰石が風化と浸食を繰り返して出来上がったもので、キノコ状、または、タケノコ状の奇岩怪石が林立しています。

この地に、4世紀前後にローマ帝国の迫害から逃れたキリスト教徒が、横穴式に掘り抜いて約360の岩窟修道院や教会などをつくりました。

なかでも、ギョレメ峡谷一帯のギョレメ国立公園は、周辺の自然を損なうことなく人間の手の入った世界でも珍しい地域で、カッパドキアの奇観を代表するチャウシン岩窟教会などの岩窟教会、トカル・キリッセ、エルマル・キリッセ、バルバラ・キリッセなどの聖堂が集まっており、内部には彩色鮮やかなビザンチン様式のフレスコ画が残っています。

洞窟教会には、光が差し込まないため、当時のフレスコ画がそのまま残っており、当時の色は鮮明。これらは、フレスコ画が主流であったヨーロッパでも見ることが出来ないほどの、大変保存状態が良いものです。

特に、ギョレメ野外博物館にあるカランルク・キリセ(暗闇の教会 11世紀)の壁面に描かれたフレスコ画はとてもすばらしいものです。

カッパドキアには、オオカミ、アカギツネなどの動物、100種を超える植物など、貴重な動植物が生息しています。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「天国に一番近い島」(ニューカレドニア)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「天国に一番近い島」(ニューカレドニア)をご紹介

ニューカレドニアの太陽はてんびん座、月はふたご座に位置しています。

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がてんびん座なら、すばらしいリスナーであり、人をどう扱うかを本能的に知っており他人の感情を大切にできます。

またあなたの月がふたご座なら、興味がすぐに失せ、新しい事に夢中になってしまうが、変化・旅・違う種類の人ととの関わり合いによって成長していくことができます。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

=========

●天国に一番近い島「ニューカレドニア」

new caledonia-3

ニューカレドニアはフランスの海外領土で、オーストラリアの東1,200kmに位置するメラネシアの島なので、そばにはトンガやフィジーなどの島があります。

もともとオーストラリアと同じゴンドワナ大陸の一部でしたが、約1億年前にオーストラリアと、5,000万年前にニュージーランドとに分かれた島なのです。

本島のグランド・テ-ル島と周囲の島々からなっています。

その島々を取り巻くニューカレドニア・バリア・リーフは長さ1,500kmにも及び、ゴンドワナ時代の名残りを残す固有種や、サンゴ礁に暮らす多種の動植物、それらを支える豊かな生態系を特徴としています。

ニューカレドニアは亜熱帯気候に属し、年間平均気温24℃前後で初夏のさわやかさが1年中続くという大変すごしやすいところです。

そして、ニューカレドニアの最大の魅力はビーチの美しさ。広大なラグーン(サンゴ礁や島々に囲まれた地域)をひとつひとつ訪ねて旅しても、飽きることはありません。

中でも人気なのが”イル・デ・パン”という島で、南太平洋の宝石箱とたとえられるイル・デ・パンは、あらゆる旅人を魅惑する島と言われ、言葉では表現しつくせない海の美しさをたたえています。

またウベア島も 『天国にいちばん近い島』のまさに舞台となった、永遠の楽園を思わせる白砂の島です。いわゆる観光ポイントがあるのではなく、ひたすら壮大な自然が美しい島で、その神秘的な美しさを前にすれば、誰でも敬虔な思いを抱くだろうと言われています。

new caledonia-2

ダイビングやスノーケリングなどのマリン・スポーツももちろん、たっぷり味わえます。

フランス領でもあることから、古くから高級リゾートとして知られており、高級ホテルや水上コテージもたくさんあって、思う存分南国気分が味わえます。

また、ニューカレドニアの料理の魅力は、フランス領であることから、フランス料理の繊細な味付けとニューカレドニア産の豊富な食材の味わいが絶妙にミックスしていることだそう。

新鮮なシーフードのフレンチ風の料理にフランス・ワインなんていいですね~

NHK「朝の連続テレビ小説」『あしたこそ』として放映され、1984年には大林宣彦監督、原田知世主演で映画化された、森村桂の旅行記『天国にいちばん近い島』の舞台となったニューカレドニア。

やっぱり本当に天国にいちばん近い島なのかも?!

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪