「全世界のカトリックの巡礼地”アッシジ”」(イタリア)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「全世界のカトリックの巡礼地”アッシジ”」(イタリア)をご紹介

イタリアの太陽はおひつじ座、月はさそり座に位置しています。

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がおひつじ座なら、第一印象は活気があり話好きな印象で誰かが話題を投げかけるとすばらしい会話をしてくれます。

またあなたの月がさそり座なら、とてもスピリチュアルで激しい感情が行動を動かすタイプです。

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

=========

●「全世界のカトリックの巡礼地”アッシジ”」(イタリア)

中部イタリアに多く見られるように、アッシジもまた小高い丘の上に、オリーブ畑の斜面に沿って町が広がっています。

アッシジは、イタリアの国の守護聖人であり、第2のキリストと呼ばれる清貧の聖人サンフランチェスコの街です。イタリア人だけでなく、全世界のカトリック教徒の巡礼の地となっています。

フランチェスコは、西欧中世の盛時、12世紀後半、このアッシジの織物商人をする裕福な家庭に生まれました。父親が仕事柄フランス語に堪能で、フランスびいきだった事から、このフランチェスコという『フランス』を意味する名前を彼につけたと言われています。

若い頃の彼は、豪商の息子として生まれ放蕩生活を送り、騎士の名誉を夢見て軍隊に入りますが、捕虜になったり病気などで初めて挫折、苦しみ、悲しみを味わいます。

20歳のとき信仰に目覚め隠修士となり、教会堂の修復などを行います。ある日のこと「私の家を建て直しなさい」というキリストの声をサン・ダミアーノ教会で聞きます。フランチェスコは宗教的回心を経て、すべての財産を投げうちます。1208年には3つの戒律『従順・清貧・貞潔』を定め、弟子たちとともに各地を放浪し、説教を続けたのです。

1210年にはローマ教皇インノケンティウス3世に謁見し、聖フランチェスコ会設立が認められます。謁見したその夜、教皇は倒壊するラテラーノ大聖堂を支えるフランチェスコの夢を見たため、翌日彼の修道会を公認したといわれています。晩年には手足と脇腹にイエスと同じ聖痕(スティグマ)が現れたと言われています。

サン・フランチェスコ San Francesco(アッシジの聖人、1182年―1226年)のめざましい活躍によりアッシジはキリスト教繁栄の鍵を握る、世界的にも重要な聖地の一つへと成長していきます。

そして聖人の死後には荘厳な大聖堂が建立され、その内部は装飾コンクールを舞台に、チマブーエ、ジョット、シモーネ・マルティーニなど当代きっての画家たちが華々しくしのぎを削り、競い合いながら珠玉のフレスコ画を次々と制作、その結果アッシジはイタリア芸術を語る上でも唯一無二の存在へと変貌を遂げました。

現在、街ではサン・フランチェスコの名のもと様々な平和活動が行われており、平和の都市としても重要な役割を担っています。毎年秋には平和への行進la Marcia della Paceという行事が開催され、世界中から人々が終結し、ペルージャからアッシジを目指して共に行進、平和の願いを世界中へとアピールする上で重要な機会となっています。

市街全域が丘陵地帯にあり、城壁で囲まれているアッシジ、すばらしいですね~

運気アップしたいならあなた独自のパワスポを知りましょう。詳しくはこちらをクリック

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「月はみずがめ座」そして「物事を結びつけるパワー持つ”白山比咩神社”」(石川県)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

本日は「物事を結びつけるパワー持つ”白山比咩神社”」(石川県)をご紹介をご紹介:

まずは、月の星座をカレンダーで見ると、本日12月10日23:39から、月はみずがめ座に位置しています。

月が水瓶座に入っている時は、知識欲が湧き、同じ趣味・志向を持った人との交流を必要としたくなります。

それとともに自由を求める気持ちと独立心が強くなり、自分の”物差し”を確立したくなります。
そのための読書や勉強に励むのにもいい時でしょう。

でも活動は従属や規律を必要とする事が多くなり、特に仕事はうんざりさせられる事がますます増えてしまいそう。

ちなみに太陽がみずがめ座の人は、この時期(12/10~12/12)はパーソナル・パワー・デ-となり、周囲からの影響をより受けやすくなり良い変化を受け取れる時です。ポジティブに物事をとらえれば、運気アップにつながります。

占星術と数秘術がいっぺんに学べるレッスン。詳しくはこちら:

=========

●「物事を結びつけるパワー持つ”白山比咩神社(しらやまひめ神社)”」(石川県)

全国の白山神社の総本宮で、白山比咩大神(しらひめのおおかみ)、伊邪那岐神(いざなぎのかみ)、伊弉冉神(いざなみのかみ)の三神を祀っています。

今の時代にもっともふさわしく、パワーを秘めている白山比咩大神は、別名・菊理媛神(くくりひめのかみ)と呼ばれる女神で、伊邪那岐神、伊弉冉神が、国生みの最中、仲たがいをしたときに仲裁役となったことから、物事を結びつける縁結びの神とされています。

そのパワーは、寛容で母性的な愛の力。消えかけた愛を復活させたい人、男性との感情的なトラブルや障害となるトラウマを消したい人が参拝すると絶大な効果あり。

あるがままを受け入れる包容力と強さを授かり、人間関係が好転するきっかけになります。

恋愛関係以外でも、人間として大きく成長できそうです。

一方で、高貴な女神ゆえに厳しさがあるので、真摯な気持ちでお参りを。

真剣に自分の生き方と向き合える人は、願いをかなえていただけるでしょう

占星術と数秘術がいっぺんに学べるレッスン。詳しくはこちら:

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪