カテゴリー: Art

メトロポリタン美術館展の印象的だった絵画

先日・国立新美術館で開催中の「メトロポリタン美術館」を観てきました。この美術館はご存知のようにニューヨークにありますが、今回はこの美術館の中のヨーロッパ絵画の中の巨匠たちの名画を公開中です。

★★キャンペーン価格・鑑定実施中・詳しくはここをクリック

今回、この中でちょっと目に留まった作品をご紹介:

まず冒頭にある絵画はフランソワ・ブーシェ《ヴィーナスの化粧》

18世紀フランスのロココ美術を最盛期に導いたフランソワ・ブーシェは、官能的な神話場面や田園で男女が憩う情景をパステル調の色彩で華麗に描出した絵画により、王侯貴族に絶大な人気を博したそうでうす。

フランソワ・ブーシェはルイ15の愛妾ポンパドゥール夫人から15年以上にわたって寵愛されました。この《ヴィーナスの化粧》はもともと、ポンパドゥール夫人のために描かれたもの。

キューピッドと白いハトは、ヴィーナスの伝統的なアトリビュート(象徴物)だそう。華やかな雰囲気となまめかしさを感じさせるヴィーナスの表情もいいですよね♪

次にジャン=レオン・ジェロームの《ピュグマリオンとガラテア》

ジャン=レオン・ジェロームさんはフランス19世紀後半のアカデミズム絵画を主導した画家。

この時代は、市民社会の趣味の変化が保守的なアカデミズムにも様々な影響を与えたようで教訓性や難解さは敬遠され、感傷的でロマンティックな物語が好まれるようになりました。

そんな時代に描かれたなんともロマンティックな一枚だと思います。

この絵画はギリシア神話のキプロス島の王ピュグマリオンとガラテアの物語を絵画にしたものです。

自分が彫刻した女性像に恋をして苦しんだピュグマリオンが、ヴィーナスに祈ったところ、
女神のアフロディーテは願いを聞き届け、彫刻に命を吹き込みました。

画家のジェロームは、均整のとれた美しいヌードの女性像が硬い大理石から柔らかな生身の人間に変容し、ピュグマリオンとキスを交わす一瞬をドラマティックに描いています。

このお話って心理学・教育学の世界に言われている「ピグマリオン効果」と呼ばれるものなんですよね。

願望を実現させるにはどうしたらいいのでしょうか?

「ピグマリオン効果」というのはこのように、強く思い続ければどんな願いも叶うということなんですよね。そのストーリーを彷彿とさせるピュグマリオンとキスを交わす女性像・・人間に変化していく様子がなんともドラマチックですよね。

そしてもうひとつ

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール《女占い師》

この絵画は今回の美術展の表紙にもなっているのでご覧になられた方もいらっしゃると思いますが・・

ジョルジュ・ド・ラ・トゥールさんは17世紀のロレーヌ公国(現フランス北東部)で活躍し、
ルイ13世の国王付き画家に任命されたほどの技量の持ち主でしたが、没後急速に忘れ去られ、
20世紀に再評価された画家だそうです。

右側にいる老婆の占い師を見つめる若者、そしてその若者が周りの女性たちから財布や宝飾品を盗み取られる場面が描かれています。

占いの情景は、17世紀初頭のカラヴァッジョの作例を皮切りにヨーロッパ中で流行したそうです。
ラ・トゥールの作品は、主題や明暗表現にカラヴァッジョの影響が感じられますが、
彼がこうした流行をどのような経路で知ったのか、いまだに判明していないそうです。

派手な色合いの風変わりな衣服が強い印象を与えていますね。

きっと占い師と盗みをする女性たちはグルなんでしょうね。何だかおかしいですよね。

もしかしたら、この占い師は私の祖先かもしれません?!・・って思ったら余計おかしくなりました(*^-^*)

今回ご紹介はしていませんが、この美術展はとっても豪華な画家のメンバー集結しています。

15世紀からのルネサンス絵画から19世紀の印象派の絵画まで、ラファエロ・ティツィアーノからカラヴァッジョ・フェルメールそして、ドガ・ゴッホ・セザンヌ・モネまでとても見ごたえのある絵画展となっています。

5月30日までの開催となっているのでお時間があればぜひ行ってみてくださいね。

★★鑑定実施中・詳しくはここをクリック

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

バンクシーって誰?展を観て

先日「バンクシーって誰?」展に行ってきました。いまやバンクシーさんをご存知ない方はいないですよね。高額落札された絵画「少女と赤い風船」が突然シュレッダーで裁断される画面は世界中をにぎわせました。

★★鑑定実施中・詳しくはここをクリック

現代アートの異端児とも言われるバンクシーさんですが、いまだその姿・年齢などすべて不詳ってのもひきつけられる要因となっていますよね。

90年代からイギリス南西部ブリストルで活動していたバンクシーは2000年ごろから拠点をロンドンに移っし、街中に大量のドブネズミ(ラット)の絵を描きました。日本でもバンクシー作品と思われるネズミの絵が発見されてメディアなどで騒がれ認知度が上がりました。

ステンシルアートの父と呼ばれるフランスのストリート・アーティストのブレック・ル・ラットに影響を受けたとされるネズミの絵ですが、バンクシーの絵はより擬人化されています。

サルの絵はネズミと並んでバンクシー作品に登場するモチーフですがこうして動物たちに社会風刺に満ちた自分のメッセージを託しています。

この絵にも「Laugh now, but one day we’ll be in charge(今は笑え。しかし、いつかは我々が勝つ)と記しています。

この作品は火炎瓶の代わりに花束を投げる抗議者風の人物。長年パレスチナ問題に関心を寄せているバンクシーが現地のガソリンスタンドの壁に書いたもの。彼がイギリスのアトリエではなくイスラエルとパレスチナの紛争地帯で狙撃される危険を冒してこの絵を描いたのです。

この絵は有名なスティーブ・ジョブス氏ですが、何をしているのでしょうか?

この絵は2015年に起きたシリア難民危機の時にフランス・カレーの難民キャンプにて描いたものです。

バンクシーはその時「難民は国のお荷物だというけれど、ジョブスはシリア難民の息子だぜ、その昔、アメリカが彼の父親をアメリカが受け入れたから、年間70億ドルもの税金を払う世界に名だたるアップル社ができたんだ」と声明を発表しています。

約1億5千万円での落札がきまったとたん、シュレッダーが作動して切り刻まれたフウセンと少女の図。2014年にシリアの子供たちを救うキャンペーンのアイコンにもなったこの図はロンドンの橋のたもとに最初書かれたもので、当時誰かが「THERE IS ALWAYS HOPE(いつでも希望はある)」と書き加えたことでこの絵がいっそう深みを増し、人々の心に焼き付けられました。

自由に人が書き加え、揶揄したり批判しながら様々に解釈する。それによって成熟された文化が醸成されこの絵はだれもが愛する国民的名画となりました。

匿名のアーティストバンクシーを構成しているのは彼を見つめ続ける私たち自身という彼のメッセージ。世界をより良くしていこうぜと言っているようです。

今回の開催は東京・寺田倉庫(12/5まで)の他・福岡・広島などでも開催されたよう。

またウィズ原宿でも今後開催される予定です。

世界で最も注目を集める現代アーティスト・時代の先駆者”バンクシー”。そして平和な日本にいても理解してほしい世界情勢の悲惨さなども一挙に知る事ができる作品展でした。

機会があればぜひ行ってみてくださいね♪

★★鑑定実施中・詳しくはここをクリック

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪