「ロンドンのウェストミンスター寺院」(イギリス)

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

さて、今回は「ロンドンのウェストミンスター寺院」(イギリス)をご紹介

イギリスの太陽はやぎ座、月はかに座に位置しています。

”星座別幸運を呼ぶロケーション”はこちらをご覧ください。あなたとこれらの土地の相性があうかはここをクリック

★ちなみに上記の星座の人の性格を見ると・・

あなたの太陽がやぎ座なら、自分の言ったことにこだわりベストをつくしてやりこなすが、細かいところまで気にしすぎる。土星の影響下にあるので自分に厳しく、自分だけが頼りと感じるところがあります

またあなたの月がかに座なら、アクティブというよりは受容的でリアクションや情報などは使うために必要な時がくるまでためておくタイプ。すばらしいメモリーを保持する力があるので歴史家・先生・俳優・ライターなどの有名な人に多いです。

==========

ウエストミンスター寺院

ウェストミンスター寺院(英語:Westminster Abbey)は、イギリスのロンドン・ウェストミンスターにある、イギリス国教会の教会。聖ペテロ修道教会。

戴冠式などの王室行事が執り行われ、内部の壁と床には歴代の王や女王、政治家などが多数埋葬されています。墓地としては既に満杯状態で、新たに埋葬するスペースはもはやなくなっている状態。

国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)が隣接しています。

イギリス中世の大規模なゴシック建築であり、11世紀にエドワード懺悔王が建設し、1066年以降、英国国王の戴冠式が行われています。

1245年、ヘンリー3世が再建を決め、フランスの建築家を招き、フランスのゴシック建築にならって現在の寺院を建て始めました。14世紀末までにおおよそ完成しますが、正面部分は16世紀初め、塔は17世紀、と長期間にわたって建設されています。

多くの学校や職場で使用されている始業、終業のチャイムの音階は、同寺院のために1927年に作曲された「ウェストミンスターの鐘」が元となっているそうです。

1987年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。

近年では、イギリスのウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんが、ここロンドンのウェストミンスター寺院で結婚式を挙げましたね。
人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「「ロンドンのウェストミンスター寺院」(イギリス)」への12件のフィードバック

  1. こんばんは。

    やはりヨーロッパの寺院は素敵ですね。
    行ってみたいな。
    特にバチカンに行ってみたいですが
    夢で終わるかな。

    ☆。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中