好かれようとしない・見栄をはらない

さて、いろいろな健康法がありますが、今日は「しない」ことで健康になる方法をご紹介:

★★鑑定実施中・詳しくはここをクリック

まずは、「人に好かれようとしない」こと。

誰でも他人からは好かれたいものですよね。ただ、誰からも好かれるような人はそういません。

有名人がよい例でしょう。熱狂的なファンがいる一方、影で叩かれる悪口も数しれません。

もし、あなたも相手のことを嫌いならば、「売られたけんかは放っておくのが一番の対処法です。

だれからも好かれること自体、所詮無理なこと。すきでもない相手にまで気を使ったり、嫌われまいとおべっかを使っていると、いつか心と体は疲れ果ててしまいます。

もうひとつが「見栄」。「自分を大きく見せようとしない」ことも重要です。

見栄をはると最初は優越感にひたり、気分がよいかもしれませんが、そのメッキが剥がれることをおそれ、自分を大きく見せようとし続けます。自分を偽ってばかりでは気が休まらず、心身のバランスが崩れていくのです。

「人に好かれようとする」「見栄」って誰でも持っているものですよね。でもこの際、心に溜まった不要なものは勇気をだして捨ててしまいましょう。

感謝や謙虚な気持ちに満たされているとき、自律神経のバランスが整えられます。

健康法は運動ばかりではなく、心のあり方がやっぱり大切なんですね~ヾ(@°▽°@)ノ

★★鑑定実施中・詳しくはここをクリック

人気ブログランキングに参加しています。クリック応援いただけるとうれしいです♪

「好かれようとしない・見栄をはらない」への9件のフィードバック

  1. おはようございます。今日の記事、心に響きました。ちょうど、ある親しい(と思っていた)人から、嫌われているのではと思っていたところ。思い切って、切ります。返事のこないメールを出しても虚しいばかり。所属している俳句の会の責任者なのですが、退会しようと思います。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中